Pocket

TSU_ishinoue_TP_V1

いつも体の疲れに悩まされて、倦怠感や、だるさ、やる気がでなくてお困りの人は多いと思います。

厚生労働省が行った調査によると、日頃から継続的な疲れを感じているという人の数は54%にのぼり、実に半数以上の人が慢性的な疲労に悩まされていると言えます。さらにそのうち3割の人は6ヶ月以上の継続的な疲れを感じているとのことです。

本日はそんな疲れ、疲労の原因や疲労の回復法についてご紹介したいと思います。

そもそも疲れ、疲労の原因は?

私たちの身体は、そもそもなぜ疲れを感じるのでしょうか?
日々のハードワークや家事などで身体のストレスが高まると、私たちの体内で活性酸素という物質が発生し、健康な細胞を傷つけます。

こうした傷ついた細胞が増加することが疲れの原因です。

マッサージなどをしてもなかなか疲れが取れないのは、マッサージだけでは傷ついた細胞を回復させることができないからです。
疲労を根本から解消するには活性酸素の増加を抑えることが重要なのです。

そのためには、副腎という臓器を活発に機能させることが疲労回復のカギとなります。

副腎は身体の救世主

副腎とは、腎臓の上部に位置する三角の形状をした臓器です。

副腎の大きさは親指くらいと非常に小さな臓器で、5g程の重さしかありません。しかし副腎は「体内の巨大工場」と呼ばれるくらい重要な役割を待っていて、身体の不調や疲れは全て副腎で解決できるとも言われるほどのすごい臓器なのです。
副腎ではアドレナリンやドーパミン、コルチゾールなどの数々のホルモンを作り出しており、その数実に50個以上もの様々なホルモンを作り出しています。
そのうち体の疲労回復、若返りなどに関連したホルモンがDHEAと呼ばれるホルモンです。

DHEAって一体なに?

アルファベットが横並びでなんだか怪しい物質ではないのか?と疑問に思われる方もいると思いますが、DHEAとはデピドロエピアンドロステロンの略称で、男性ホルモン、女性ホルモン、成長ホルモンのもととなるホルモンです。

DHEAは強力な抗酸化作用をもっており、疲労の原因となる活性酸素を撃退する働きをもっています。
つまり疲労を改善したければDHEAを増やすことが重要です。

さらにDHEAには疲労回復効果以外にも以下の様なうれしい健康効果が期待されています。

1 アンチエイジング

2 免疫力向上

3 がん細胞の撃退

4 更年期症状の改善

5 糖尿病の改善

6 抗ストレス

7 睡眠の改善

8 アルツハイマー予防

9 動脈硬化の予防

DHEAには非常に様々な健康効果があります。

DHEAを増やすためには

それでは副腎を活性化して体内のDHEAを増やすために私たちは何をすべきなのでしょうか。以下にまとめていきましょう。

DHEAはビタミンCの摂取で増やせる

副腎はビタミンCを栄養源として様々なホルモンを作り出していますので、ビタミンCを十分に摂取することで、副腎が活発に活動しDHEAの分泌量を増やすことができます。
DHEAは20代をピークとして、40代には分泌量が半減するといわれていますので、日々副腎をいたわって生活を行い、DHEAの分泌量の減少を抑えることが重要です。

ビタミンCの摂取を増やすためには、緑黄色野菜や、レモン、ゆずなどのフルーツを日々の食事に取り入れることが重要ですが、忙しくてなかなか食事に気を使えないという人は、足りないビタミンCをサプリメントで補うことも良いでしょう。
またDHEAそのもののサプリメントも最近では各社から発売されていますので、こちらもオススメです。

運動、禁煙、禁酒でDHEAが増える

日々の習慣的な運動は、副腎の機能を整えるためDHEAの分泌を促すと言われています。そのためには週に2~3日は運動を行う習慣をつけると良いでしょう。おススメなのは一人でもできるウォーキング、ランニング、サイクリングなどの有酸素運動です。

また、禁煙、禁酒も重要です。タバコの煙は身体にとって有害な物質であるため、体内の活性酸素が増加し、それを撃退する際にビタミンCを大量に消費します。アルコールについても同様です。

疲れにくい身体を得るためにはタバコを辞め、お酒は会社の付き合いの時だけに留めることが得策でしょう。

十分な睡眠はDHEAの分泌を増やす

睡眠不足が続くと疲労がたまる間隔をおぼえる人も多いと思いますが、それは副腎の疲労によるものです。副腎の機能を活発にしてホルモンの分泌を増やすためには7~8時間の十分な睡眠習慣が重要と言えます。

毎日太陽の光を浴びる

平日の疲れをとるために、休日は一歩も外出せずカーテンも閉め切って過ごしているという人も少なくありませんが、その休日の過ごし方は、逆に疲労を増やしてしまう要因になっているかもしれません。私達の身体は日光にあたることによってホルモンの分泌が増加すると言われています。

溜まった疲れを休日に取りたいということであれば、外に出て太陽の光を浴びることが得策です。

いかがでしたでしょうか。

日々副腎をいたわることで、ホルモンの分泌が活性化され、疲労解消に役立ちます。

DHEAの分泌を増やして、疲れ知らずで健康的な生活を取り戻しましょう。

●おススメ関連記事

>>高カカオチョコレートの健康への効果がすごい!ポリフェノールで健康に

>>禁酒の健康効果を期間ごとに解説!3日、1週間、1か月で肝臓は回復する

>>笑いや笑顔がもたらす健康への5つの効果!ナチュラルキラー細胞を活性化して免疫力を高めよう

>>ランニングやジョギングのダイエット効果を上げる5つの方法、健康・美容にも最適

>>これでぐっすり眠れる!あなたの睡眠の質を高める7つの方法

>>睡眠不足・寝不足・不眠症はお灸で解消!睡眠薬いらずの4つのツボを刺激しよう

>>夜、疲れてるのに眠れない時の原因を睡眠診断!タイプ別の解消法

 

>>蒸気でホットアイマスクがストレス、不眠症、疲れ目、くま、小じわに超効果的な件

>>体の冷えは万病のもと!冷え症をもたらす5つの生活習慣と4つの対策法

>>目の疲れ・眼精疲労を劇的に解消する4つの新定番!疲れ目からの最強の回復法!

>>運動不足の解消で症状が改善する20の病気まとめ、腰痛や便秘解消も!

>>白湯(さゆ)が体臭(口臭・ワキガ・加齢臭)の改善に効果的な3つの理由

>>もしかして身体の病気?体がだるい、眠い、疲れやすい時の30の原因と解消法

>>不老不死を実現する!テロメアを知って健康寿命を延ばす4つの方法

>>走れば人生が変わる!ランニングがあなたの心身に与える7つのメリット

>>もう死にたい!生きるのに疲れた人が自殺で楽に死ぬ方法なんてない5つの理由

>>認知症(痴呆症)の症状と原因、治療・予防のための5つの対策法

>>もう死にたい、消えたい、疲れた、何もしたくないときの5つの特効薬

>>うつや不安、不眠症の治し方!セロトニン・トリプトファンを増やす5つの方法

>>高血圧の原因と症状!血圧を下げる薬いらずな8つの解消法、食事、運動

>>ストレス・イライラ解消に効くツボ一覧!お灸でストレスをふっとばそう

>>ストレス解消・発散に超効果的な方法ランキング!不安や悩みを解決しよう!

 

>>ホームへ

Pocket