Pocket

IMG_3201

足のニオイが臭いと、いろんな場面で困ることになりますよね。

足のニオイ対策グッズは数あれど、どの商品が効果が高いのかは使ってみなければわかりません。

そこでニオイ対策グッズ選びで本気で迷っている皆さんのために、本気の筆者がニオイ測定器を使い、その効果の有無について数値を用いて実証していきます。

本日は足の臭い対策グッズの王道、ラヴィリンフットクリームの効果をニオイセンサーを使って測定したいと思います。

ラヴィリンフットクリームとは

いわずと知れた足のニオイ対策グッズの大人気商品の一つです。

原産国は以外にもイスラエルです。

容量は12.5gと少なめですが、何と一度足に着けるだけで効果が1週間も続くという優れものです。

水泳や入浴で濡れても、スポーツで汗をかいても効果は持続するとのことです。

これなら、何度も塗り直す手間がかかりませんし、容量が少なくても経済的です。

これ一つで大体2~3カ月はもつかと思われます。

価格は定価が5,040円と高めですが、amzonなら1900円程で購入することができますので非常にお買い得です。

ラヴィリンフットクリームの成分は

ワセリン、タルク、酸化亜鉛、バレイショ、デンプン、

オクトキシグリセリン、クエン酸トリイソセチル、カモミラエキス

ダイズエキス、トウキンセンカエキス、アルニカエキス

トコフェロール、BHT、クロルフェネシン、EDTA-4Na

香料、シメンー5-オール

とのことです。

これらの成分が、足のにおいのもとになるバクテリアを中和し、ニオイをもとからブロックします。

特に酸化亜鉛は、細菌の増殖を抑える効果が強くありますので、ラヴィリンの効果の秘密は酸化亜鉛にありそうです。

そして、この手の製品にはつきものの、アルコールや塩化アルミニウムを成分に含まないのでお肌に非常に優しいです。

ラヴィリンフットクリームの効果を測定しよう

今回もコスモス社のXP-329mにて測定実験を行います。

ニオイセンサーの数値等の概要はこちらの記事を参考にしてください。

>>ニオイセンサーについて

ちなみに最近測った物のニオイの強さはこんな感じです。

ミカンのニオイ・・・35

納豆のニオイ・・・100

生ごみのニオイ・・・178

仕事帰りの筆者のワキガのニオイ・・・189

香水の原液のニオイ・・・200

 

ラヴィリンフットクリームですが、ふたを開けると白いペースト状のクリームが入っています。

こうしてみてみると、やはり内容量が結構少ないです。

IMG_3202

使い方ですが、下の画像のように、足全体にハの字を書くように、2筋塗りつけるだけで良いみたいです。

筆者は念のため、一番ニオイが強い親指と人差し指の間にも塗りました。

塗り心地なのですが、割とクリームが固くて、伸びが悪いです。

IMG_3195

ちなみに、今回の測定は、右足のみにラヴィリンフットクリームをぬり、左足には何もつけません。

その上で、右足と左足のニオイの違いを測れば、ラヴィリンの効果が分かるはずです。

IMG_3196

この様な感じで、右足と左足の違いを測定します。

ちなみに、ラヴィリンを塗る前の両足の臭いは35でした。

35だと、ほとんど無臭といった感じです。

筆者は朝8時に出勤し、仕事を終え、夕方18時30分に帰宅します。

時間にして10時間半の間で足の臭いはどうなったのでしょうか。

それではみてみましょう。

まずは何もつけていない左足のニオイを測定します。

IMG_3198

はい、数値は107でした。

朝の測定値が35だったので、ニオイの増加は72です。

ちなみに納豆のニオイが100前後ですので、筆者の足の臭いは納豆と同等レベルと言えます。

自分で鼻を近づけてみると、確かにニオイはひどいです。

ただ、筆者は最近、体質改善に取り組んでいるので、全盛期の臭さよりもかなりましにはなっています。

おそらく全盛期だと200は超えているでしょう。

さて、お待ちかねの右足のニオイです。

ラヴィリンの効果はいかほどでしょうか。

IMG_3199

数値は62でした。

朝の測定値が35なので、ニオイの増加は27です。

何もつけていない左足が107で、ラヴィリンをつけた右足が62

ニオイ数値の差は、45です。

割合で言えば、ニオイ度42%減といったところでしょうか。

右足に鼻を近づけてみると、確かにニオイは左足ほどきつくありません。

ただし、全く無臭になると言う訳では無く、やはり少しはニオイがあります。

ニオイがあるといってもほとんど気にならないレベルではあると思います。

これなら、急にクツを脱がないといけない場面でも気にせず脱げるレベルでしょう。

ラヴィリンを使ってみた感想

ラヴィリンは効果が1週間持つとのことなので、今後1週間は測定を続けようと思います。

筆者に時間があれば、その測定記録についても記事にしたいと思います。

もし本当にラヴィリンフットクリームの効果が1週間も続けば、この商品はかなりお買い得かと思われます。

筆者のニオイの軽減率は42%でした。この数字にはまあまあ満足のいく結果かなと思います。

なにしろ、朝起きた時の足のニオイが35ですから、そこから62と、数値が27しか上がっていないのです。

こういう風に考えれば、効果は中々なものなのかなという印象です。

ちなみに今回の測定では、より効果のほどをわかりやすくするために、ラヴィリンフットクリーム単体の効果を測定しました。

足のニオイ対策に有名なグランズレメディ等と併用すれば、その効果はかなり高くなるかと思われます。

ぜひ有効に活用してください。

それでは本日は以上となります。

●おススメ関連リンク

>>冬にこそ足の臭いケアを怠るべきでない理由と3つの対策

>>自分の足臭、口臭、脇臭のレベルをニオイセンサーでチェックしてみた

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

 

Pocket