Pocket

pp_torakkuhashiru_tp_v1

生活習慣病の解消には運動が一番とされていますが、それ以外にも運動によって解消する病気はたくさんあります。

本日は様々な病気の解消におすすめな運動と、運動により予防・解消ができる病気をまとめてご紹介したいと思います。

病気の治療や解消に効果的でおすすめな運動

運動にもさまざまな種類がありますが、その中でも自分が続けやすい運動を選ぶことが健康につながるポイントです。

筆者のおすすめは、一人でもできて、時間や場所を選ばない種類の運動です。

例えば、サッカーやバスケットボール、野球などの人数が揃わなければできない運動は手軽に始めることは難しいでしょう。

ジムでの運動も、初めこそやる気になって通うのですが、やはりジムに行かなければトレーニングができないため、なかなか習慣化するのは難しいです。

そこで、ウォーキングやランニング、ジョギング、自転車など、一人でも手軽に始められる運動がおすすめです。これらの運動は、夜でも朝でも昼でも時間を選びませんし、場所だってその辺の公園や道を走れば運動になります。

体重が重い人は、ウォーキングや自転車から始め、徐々に身体を慣らしながらジョギング、ランニングに移行することで、膝への負担を軽減できます。

1 運動による体重減少により解消する病気

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動によるカロリー消費により、身体の無駄な脂肪が落ちることで解消する病気は以下のとおりです。

①メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、肥満が原因の疾病(高血圧、高血糖など)が3つ以上揃った状態をいいます。運動によるカロリー消費と、食事によるカロリー制限で、脂肪を落とすことで容易に解消することができます。

②高脂血症

高脂血症は血液の中のコレステロールや中性脂肪などの脂肪分が規定値よりも多い状況のことを指します。運動により脂肪を落とすことで容易に解消することができます。

③高血圧

高血圧の原因は塩分の取り過ぎと肥満により、血液がドロドロになることです。運動により汗を流すと塩分は自然と体外に排出されますし、肥満の解消によりほとんどの高血圧は解消に向かいます。

>>高血圧の原因と症状!血圧を下げる薬いらずな8つの解消法、食事、運動

④脂肪肝

脂肪肝とは、肝臓が脂肪に満たされフォアグラの様な状態になることを言います。脂肪肝の原因は食べ過ぎ飲み過ぎにあります。有酸素運動と、適切な食事、お酒を控えることにより体脂肪を減らすと脂肪肝は次第に解消するでしょう。

⑤膝関節症

膝関節症の原因は様々にありますが、肥満もその原因の一つです。我々の体重を支えている足の筋肉は発達させることができますが、間接はもとあるものが発達するということはあまりありません。そのため、体重が増えれば増えるほど膝関節に負担をかけ、最悪の場合歩けないほどに関節が悲鳴を上げることもあります。

膝関節症の場合、初めはプール歩きや自転車などの膝に負担が掛からない運動から始めることをお勧めします。

⑥睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の原因は、太り過ぎによりアゴの肉が軌道をふさぐことによって置きます。睡眠時に酸素がうまく供給されなくなるため、寝ても寝ても眠かったり、疲れがとれなかったりします。睡眠時無呼吸症候群のほとんどは運動や食習慣の改善により肥満を解消することで症状が治まります。

⑦体臭症

肥満になると、身体の新陳代謝が通常より高くなるため、発汗量が増えます。発汗量の増加は体臭の増加を誘発します。太っている人がみんな体臭が臭いわけではありませんが、太っていることが原因で体臭が臭い人は、痩せることで体臭が改善する場合もあります。

>>体臭(わきが・口臭・足臭)の改善・予防にめちゃくちゃ効くツボとお灸のすすめ

2 運動により血行が良くなることで解消する病気

運動を行うと、全身の血行が良くなることは皆さんも良くご存知かと思いますが、血行の改善は様々な病気の予防・改善効果が期待できます。

⑧腰痛、⑨肩こり症

腰痛や肩こりの原因は血行不良やストレス、いつも同じ体制をとることだと言われています。運動は血行不良の解消やストレスの解消、筋肉を動かすことでコリをほぐす効果があるため、腰痛や肩こり症の改善につながります。

ただし、重度の腰痛の人は、いきなり無理な運動をすると症状がかえって悪くなる可能性があるため、ストレッチやウォーキングなど、軽い運動から始めると良いでしょう。

⑩冷え性

足や手などの末端が冷える冷え性ですが、放っておくと様々な病気を引き起こすトリガーになります。運動は全身の血行を良くするため、冷え性を改善に向かわせます。冷え性には特にランニングなどの有酸素運動がおススメです。

>>手足のひえは万病のもと!冷え症の5つの原因と4つの改善法・対策法

⑪糖尿病

血行不良と糖尿病は密な関係があります。体内に取り入れた糖分をエネルギーに変える役割をするのがインスリンです。

インスリンは膵臓のランゲルハンス島という細胞から分泌されるのですが、血行が悪いとランゲルハンス島に栄養が上手くいきわたらなくなり、インスリンの分泌がスムーズに行われなくなります。

インスリンが不足すると、体内の糖をエネルギーに変えることができず糖が蓄積され、糖尿病を誘発します。運動による血行の改善は糖尿病の予防と症状の緩和に効果的です。

⑫心疾患

虚血性心疾患などの疾患は心臓に上手く酸素がいきわたっていないことによって起こる疾患です。心疾患の場合、無理な運動は禁物ですが、医師の指導による適切な運動療法は非常に効果的だと言われています。

⑬末梢血管疾患

末梢血管疾患とは、手足に流れる動脈が詰まったり、狭くなったりして血液が上手く行きわたらなくなることで、しびれや痛みが生じる疾患です。軽傷例から重症例まで様々ですが、比較的軽度の場合、薬物療法と運動療法により血行を促進する事が効果的とされています。

⑭動脈硬化

動脈硬化とは、動脈が硬くなったり、動脈中にコレステロールなどの脂肪分が付着することで、血液のとおりが悪くなる病気です。動脈硬化が悪化すると、最悪の場合、心筋梗塞や脳梗塞になる危険性もあります。動脈硬化は、習慣的な運動と、適切な食事により、血行の改善とコレステロールを減らすことにより改善が可能な病気です。重症化する前に早期に運動習慣をとりいれましょう。

3 運動により自律神経のバランスが整う事で解消する病気

⑮うつ病

うつ病の改善には運動が非常に重要な役割をもっていると言われています。運動は乱れた自律神経のバランスを整えますし、脳内のセロトニンを増やす役割もあります。また過重なストレスによるうつ病の場合は、運動がストレスを解消するため、症状の緩和が期待されています。重度化すると外にでることもできないほどのうつ病に発展する場合があるため、比較的軽度のうちから運動習慣を身につけて、重症化の予防と、症状の改善に努めましょう。

>>うつや不安、不眠症の治し方!セロトニン・トリプトファンを増やす5つの方法

⑯不眠症

多くの不眠症は、睡眠リズムの形成や、生活習慣の改善、運動習慣をつけることで改善が可能です。日中に身体を運動により動かすことで、身体は自然と眠りに誘われます。

>>不眠症をぐっすり改善!睡眠の質を高めて健康を取り戻す7つの方法

⑰慢性疲労、⑱偏頭痛

自律神経のバランスが乱れると、慢性的なだるさや疲労感、倦怠感、偏頭痛におそわれることがあります。自律神経のバランスは運動や適切な睡眠により整えることが可能ですので、慢性疲労や偏頭痛に効果的です。運動すると逆にもっと疲れるのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、運動は疲労の回復を促し、心身ともにリフレッシュをすることができます。

4 運動により胃腸の調子が整う事で解消する病気

⑲便秘、⑳下痢

ジョギングやランニングをするとなんだかお腹が痛くなった経験がある方は多いと思います。

運動は胃腸の働きを活発にし、調子を整えます。胃腸の調子が整うと慢性的な便秘や下痢を解消することができますよ。

>>便秘改善!便秘の症状と原因、薬いらずな5つの解消法!食べ物、運動、白湯

いかがでしたでしょうか。

運動を行う事はこんなにもたくさんの病気の予防や改善に効果があるのです。

これはもう運動を行うしかありませんね。

筆者も週に2~3回は、1回10kmほどの定期的なランニングを7年間行っていますが、運動を行う事で食欲も出ますし、ぐっすり眠ることができて、身体の健康と元気を実感しています。

ぜひ皆さんも今後の健康のことを考えて、運動習慣を身につけてください。

それでは本日は以上となります。

●おススメ関連記事

>>もしかして身体の病気?体がだるい、眠い、疲れやすい時の30の原因と解消法

>>走れば人生が変わる!ランニングがあなたの心身に与える7つのメリット

>>認知症(痴呆症)の症状と原因、治療・予防のための5つの対策法

>>もう死にたい、消えたい、疲れた、何もしたくないときの5つの特効薬

>>高血圧の原因と症状!血圧を下げる薬いらずな8つの解消法、食事、運動

 

>>蒸気でホットアイマスクがストレス、不眠症、疲れ目、くま、小じわに超効果的な件

>>ストレス・イライラ解消に効くツボ一覧!お灸でストレスをふっとばそう

>>ストレス解消・発散に超効果的な方法ランキング!不安や悩みを解決しよう!

>>これでぐっすり眠れる!あなたの睡眠の質を高める7つの方法

>>体の冷えは万病のもと!冷え症をもたらす5つの生活習慣と4つの対策法

 

 

>>ホームへ

Pocket