Pocket

pak85_rosianruretto20140405_tp_v1

自殺の方法は多種多様にありますが、その中で楽に死ぬ方法っていったいどのよう方法でしょうか。

本日は、死にたいと思う人におくる、楽に死ぬ方法について検証したいと思います。

1 薬物による服薬自殺

自殺の手法としてまず頭に思い浮かぶのが服薬自殺でしょう。薬は本来病気の治療目的で飲まれるのが正式な使い方なのですが、ほとんどの薬には副作用があります。その副作用を利用して自殺する手法が服薬自殺です。

服薬自殺を図る場合、だれもがまず思いつくのが睡眠薬による自殺ではないでしょうか。睡眠薬により眠るように死ねるとか、痛みを感じずに死ねるのではないかと思われてこのような手法に及ぶ方が多いでしょう。

しかし、一般的に市販されている睡眠薬では、効果が薄すぎて60~600錠くらいの大量の薬を飲まなくては致死量に達しない可能性があります。また、病院で処方される睡眠薬を集めるという手法もありますが、病院での処方量も限られているため、準備が長期戦になります。自殺願望は突如として現れるので、手っ取り早く楽に死にたいというときに、必要な量の睡眠薬が手元にない状態では死ぬこともできません。

また、体格や薬の種類によって致死量はまちまちです。さらにさらに、薬を一度に大量に飲むと、薬物中毒により嘔吐中枢が刺激され、飲んだ薬のほとんどは吐き出されてしまいます。このことが服薬自殺の致死率が低い原因です。薬物中毒になると呼吸がくるしくなりますし、ゲロゲロ薬を吐き出すことになるので楽に死ねるなんてことはありません。

服薬自殺は楽に死ねると思われている皆さん。実は結構苦しいですし、準備も大変なのでやめたほうが良いですよ。

2 首吊り自殺

服薬自殺と並んでポピュラーな自殺の方法が首つり自殺です。木の枝や、家のハリなどに頑丈な縄やロープを結び付けて、自分の体重を利用して死ぬ方法です。

必要なものは頑丈な縄と縄をかける場所だけという手軽さから、手っ取り早い自殺の方法として有名です。また、ひとたび首をつってしまえばロープが切れるか、ロープをかけたハリや枝などが折れない限りは死に至る可能性が高いです。

ですが、普通に考えてもらえばわかると思いますが、首吊り自殺っていうのはめちゃくちゃ苦しいし、つらいですよ。中には首が閉まると脳への酸素供給がされなくなるため楽に死ねるとかなんとかっていう説もネット上に多く書かれていますが、脳への酸素供給はそんなにすぐには止まりません。

短くても数秒~長いと数分間はもともと流れていた血液から酸素を脳に供給するので、普通に苦しいし痛いし、全然楽ではありません。

また、多くの場合は縄の強度不足だったり、ハリが折れてしまったりと未遂に終わってしまう可能性が高い手法でもあります。未遂に終わってしまうと後遺症が残る可能性がありますから、生還してもその後の人生は悲惨になります。

首つり自殺は普通に苦しいし、致死率もそんなに高くないので、楽に死ねると思われている人はやめたほうがいいですよ。

3 飛び降り自殺

飛び降り自殺は、高いビルやマンションの屋上から飛び降りて自殺を図る手法です。特に準備するものがないことから、手っ取り早く死ねる方法としてメジャーな方法でしょう。飛び降り自殺で確実に死のうと思えば、だいたい10階以上から飛び降りると致死率が高いと思われます。

ただし、飛び降り自殺で楽に死ねると思ったら大きな間違いです。まず、高いところから命綱なしで飛び降りるには、相当な恐怖に打ち勝つ強いメンタルが必要です。その度胸があるくらいなら、普通に社会で大成できる素質をもっています。

また、飛び降り自殺は、下にいる人に衝突する可能性もあり、他人の命まで奪ってしまう可能性があります。自分の命を絶つ最後に人を傷つけたり、最悪死に至らしめてしまうのはすごく後味の悪い死に方ですよね。

そして、飛び降りられたマンションの住人や、ビルの人たちはたまったものではありません。飛び降り自殺のあったマンションやビルは、建物自体の価値が下がる可能性があります。

飛び降り自殺は、楽にできるものではありませんし、いろんな人に迷惑をかけてしまう可能性が高いので絶対にやめましょう。

4 電車への飛び込み自殺

電車への飛び込み自殺も自殺の方法としてはかなりポピュラーな手法です。準備するものは特になく、快速や特急などの通過電車の時間を把握しておくだけで済みます。

電車への飛び込み自殺が楽に死ねるかと言われれば、たしかに致死率はかなり高いですし、飛び込んだら即死でしょうから考える暇もなく死ねるのではないかと感じます。ただし、この手法は多くの自殺の方法の中で、もっとも他人に甚大な被害を与えます。

まず、残された親族には高額な賠償請求がされる可能性があります。あなたが死ぬことで、高額な借金を背負い、親族までもが自殺に追いやられかねません。

そして、あなたが飛び込みを図った路線は1~2時間運行ができなくなり、その後のダイヤも乱れに乱れます。例えばその電車に、親の死に目に会うために病院へ向かっている人がいたとしたらどうでしょう。あなたはその責任をとれますか?大事な商談が破談になり、会社に数億円の損害を与えるサラリーマンがいるかもしれません。子供のたった一度の晴れ舞台である結婚式に向かっている親もいるかもしれません。

そして、電車に飛び込むと、あなたの体はバラバラになり、ボロボロで、肉片も飛び散ります。目の前でそれを見ていた人は高い確率でPTSDになるでしょう。

電車への飛び込み自殺は、たくさんの人の幸せや日常を、あなた一人が狂わせてしまうことは確実です。

なお、迷惑がかかる自殺の方法ランキングについては以下の記事も参考にしてください。

>>もう死にたい!誰にも迷惑をかけずに自殺で死ぬ方法があるのか考察してみた

5 リストカットによる自殺

自殺志願者の中でリストカットを試したことがあるという人は多いかもしれません。用意する物はカミソリや包丁と、浴室という、家庭にあるもので死ねる手っ取り早い自殺法として有名です。

ですが、このリストカットという手法は、自殺の方法としては欠陥だらけで、並大抵の努力では死ぬことができない方法です。ちなみにリストカットでの致死率は3~5%程度です。

そもそも手首の静脈を切ったところで、そこまで多くの出血を伴うことはありません。確実に死ぬには首筋や太ももの大動脈を切る必要がありますが、大動脈は皮膚の深いところにあるため、思い切ってぐさりと包丁で刺さなければ血管に刃先がとどきません。

大動脈を切るのはかなりの勇気が必要ですし、自分でやるのはめちゃくちゃ痛くて苦しいです。おすすめなのはサムライが首を落とされるように、スパッと首を刀で切ってもらうのが一番痛みが少ないのでしょうが、このご時世でそんな手法は現実的ではありません。

リストカットは単なる自殺アピールにしか使えません。

本当に死のうと思えば手首を切り落とす勢いで切らなければなりませんので、痛いしつらいし、苦しいですので、楽に死にたい人にはお勧めしません。

いかがでしたでしょうか。

本日はメジャーな自殺の方法に着目をして、楽に死ねる方法なんてないということをお伝えしました。

そのほかにも様々な自殺の方法はありますが、総じて楽な方法なんてありませんし、何かしらの形で必ずだれかに迷惑をかけます。

楽に死ぬ方法はありませんが、楽に生きる方法ならばこの世にごまんとありますよ。

残念ながらどうしても死にたい!と思われている人は以下の記事を最後に読んでみてください。

>>もう死にたい、助けて!自殺したいあなたが最後にやるべき9つのこと

>>本当の幸せとは何か?人生をずっと幸せに生きるための5つの考え方

それでは本日は以上となります。

●おススメ関連記事

・もう死にたい!誰にも迷惑をかけずに自殺で死ぬ方法があるのか考察してみた

・もう死にたい、助けて!自殺したいあなたが最後にやるべき9つのこと

・うつや不安、不眠症の治し方!セロトニン・トリプトファンを増やす5つの方法

・ストレス・イライラの発散・解消に効くツボ一覧!お灸でストレスをふっとばそう

・本当の幸せとは何か?人生をずっと幸せに生きるための5つの考え方

>>走れば人生が変わる!ランニングがあなたの心身に与える7つのメリット

>>蒸気でホットアイマスクがストレス、不眠症、疲れ目、くま、小じわに超効果的な件

>>ストレス・イライラ解消に効くツボ一覧!お灸でストレスをふっとばそう

>>ストレス解消・発散に超効果的な方法ランキング!不安や悩みを解決しよう!

>>これでぐっすり眠れる!あなたの睡眠の質を高める7つの方法

>>体の冷えは万病のもと!冷え症をもたらす5つの生活習慣と4つの対策法

 

>>ホームへ

Pocket