Pocket

takebe160224120i9a0552_tp_v1

お酒を飲んだ翌日に、肌が荒れたり、ニキビができたり、顔がパンパンにむくんだりした経験をされたことはありませんか?

本日はお酒を飲むことが、あなたの外見や見た目にどのような影響を及ぼすかついてまとめてご紹介したいと思います。

毎日のお酒で顔がパンパンにむくむ

毎日過度な飲酒を行うと、翌朝顔がパンパンにむくんでいて、まるで別人のような顔に茫然とすることがあります。

アルコールはなぜ、身体のむくみの原因になるのでしょうか?

それは、アルコールの脱水作用によって、体内の水分が尿や汗として過剰に排出されることが原因といわれています。

しかし、むくみの原因は水分の過剰摂取ですから、脱水作用ときくと、むしろお酒がむくみを防止するのではないかと勘違いをされる方も多いかもしれません。

脱水作用によって逆にむくむなんて、なんだか矛盾しているようにも思えます。

それは、脱水作用によって失われた水分を身体が取り戻そうとするため、喉がからからに渇き、さらなる過度な飲酒や、水分の補給を脳が指令することが原因です。べろべろに酔っ払って帰ってきた時に「み、みずをくれ~」となるのはそのためです。

また、アルコールの脱水作用以外にも、お酒といっしょに食べる塩分の高いおつまみも水分の摂取を促すため、ダブルでむくみの原因となります。

お酒によるむくみは、あなたの外見や見た目を悪くさせたり、体重よりも太ってみられてしまう原因になります。

デートや大事な商談などの前はアルコールは控えた方が良いでしょう。

毎日のお酒が肌荒れを起こす

毎日のお酒は、肌荒れやニキビの原因になります。

なぜ、お酒が肌荒れ・ニキビを引き起こすかと言うと以下の3つの要因が考えられます。

1 睡眠の質を下げる

睡眠は、肌のターンオーバーを促し、肌を正常な状態に保つために必要な行為です。

お酒を飲んで眠ると、アルコールの覚醒作用が働き、睡眠の質を著しく下げるため、ターンオーバーの周期を乱し、肌荒れの原因になります。

2 胃腸を荒れさせる

胃腸は消化吸収だけでなく、自律神経やホルモンのバランスを整えたり、身体の免疫機能をつかさどるなど、身体の健康を保つ重要な器官です。

アルコールが胃腸を刺激し、胃腸の機能を低下させると、消化吸収がスムーズに行われなくなり、必要な栄養が肌に届かなくなってしまいます。その結果、肌荒れやニキビの原因につながるのです。

「どうしてもお酒を飲みたい!でも肌荒れはしたくない!」

という人は、胃が空っぽの状態でお酒を飲むことを避け、ヨーグルトを食べるなど、胃の粘膜を保護するようにしましょう。

3 肝臓の機能を低下させる

飲酒によって体内に取り込まれたアルコールは、肝臓で分解され身体の外に排出されます。

肝臓は身体に入ってきた毒素などを分解する役割を果たしているのですが、お酒を飲むと、アルコールの分解に手いっぱいになってしまい、アルコール以外の毒素の分解は後回しになってしまいます。

毎日飲酒を行っていると、分解されずに残った毒素が蓄積していき、その影響により肌荒れやニキビができると言った悪影響が肌に起こるのです。

毎日のお酒は体臭の原因に

お酒を飲んだ翌日は、体臭が臭くなります。

それは、アルコールが肝臓で分解される時にできたアセトアルデヒドという物質のニオイです。

適度な飲酒であれば、短時間でアルコールが分解されるため、翌日までお酒が残ると言う事はあまりないのですが、

毎日大量にお酒を飲んでいたりすると、肝臓のアルコールを分解する能力が低下するため、翌朝も体内にアルコールが分解されずに残った状態になり、会社や街中でプンプンアルコールのニオイを振りまいてしまいます。

飲んでいない人からしてみれば、

なんだかこの人、朝からお酒臭くて信用できなそうだな

なんてことを思わせてしまうことになります。

毎日お酒を飲んでいる人の中で、なぜだか人との関係がうまくいかないとか、商談が成功しないと思われている方は、アルコールによる体臭が原因なのかもしれません。

アルコールと体臭の関係については以下の記事に特筆していますので参考にしてください。

>>アルコールを毎日飲む人の体臭がくさい3つの理由とアルコール中毒になる飲酒量

毎日のお酒でハゲになる?

毎日お酒を飲むとハゲになるということを聞いたことはありませんか?

実は、お酒そのものにハゲを促進するような効果はありません。しかし、アルコールが人間の様々な臓器に悪影響を及ぼすことで、間接的に頭髪が薄くなることは可能性として大いにあり得ます。

薄毛やハゲの予防に重要な事は、

1 睡眠をしっかりとり

2 栄養バランスの良い食事をとり

3 血行を促すこと

にあります。

適度な飲酒であれば、身体の血行が良くなるため、むしろハゲの予防に効果的という説もあります。

しかし、過度な飲酒や毎日の飲酒は、確実にあなたの睡眠の質と、栄養バランスを悪くさせます。

そのことが影響して、お酒が間接的にあなたの髪の毛に悪影響をもたらします。

また、お酒を飲むとタバコを吸いたくなるという人も多いと思いますが、お酒とタバコは髪にとって最悪の習慣です。

タバコは血管を収縮する作用があるため、身体全体の血行を悪くし、ハゲを促進させてしまいます。

ハゲに悩む方は、今すぐお酒とタバコを辞めましょう。

いかがでしたでしょうか。

「酒は百役の長」とも言われますが、これはむかしむかしの政治家が利権のために広めた大ウソです。

お酒を辞めて綺麗な肌と髪を取り戻しましょう!

それでは本日は以上となります。

●お酒・アルコール関連リンク

>>二日酔い解消に超効果的な対策グッズランキング!朝からシャキっと元気に!

>>禁酒の健康効果を期間ごとに解説!3日、1週間、1か月で肝臓は回復する

>>禁酒・断酒・節酒がダイエットに効果的な4つの理由と、痩せる期間はどれくらい?

>>アルコールを毎日飲む人の体臭がくさい3つの理由とアルコール中毒になる飲酒量

>>もうお酒臭いなんて言わせない!アルコールのニオイを消す5つの秘訣

>>元アルコール中毒者が教える!毎日お酒を飲むことの7つのデメリット

>>脱アルコール中毒!毎日お酒を飲むことを辞めるための5つの方法

>>アルコール依存症になりやすい人の5つの飲み方の特徴まとめ
>>体臭(わきが・口臭・足臭)の改善にめちゃくちゃ効くツボとお灸のすすめ

>>白湯(さゆ)が体臭(口臭・ワキガ・加齢臭)の改善に効果的な3つの理由

>>サウナの温冷交代浴が体臭、ワキガ、多汗症に超効果的な4つの理由を解説

>>自分の足臭、口臭、脇臭のレベルをニオイセンサーでチェックしてみた

 

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

Pocket