Pocket

omg0i9a6352261135435_tp_v1

明日は朝早くから大事な約束があるのに、なかなか眠れない時ってありますよね。

そんな時に限って、昔の恥ずかしい思い出や、嫌なことを思い出したりして、脳が興奮し、さらに眠れなくなってしまうと言うジレンマにみなさんも悩まされた事はないでしょうか。

眠りたいのに、眠れない、眠ろう眠ろうと思えば思うほど、眠れなくなります。

羊を何匹数えたかわからないくらい数えたのに眠れない、

そんな時、みなさんはどうしますか?

お酒をガブ飲みする、ホットミルクを飲む、無理に眠ろうとせず、小説を読むなど、それぞれのやり方で工夫をされているかと思います。

本日ご紹介するのは、「眠れるツボ」です。

お灸を使って身体の内部の眠りを誘うツボを刺激することで、ウソのように深い眠りにつくことができるかもしれません。

本日ご紹介する眠れるツボは、眠りにつくことが難しい人や、眠りが浅くて良く眠れたと言う充実感が無い人、夜中に途中で起きてしまう中途覚醒で悩まされている人におススメのツボです。

ツボの刺激にはお灸を活用しよう

本日ご紹介する4つのツボは、「失眠(しつみん)」、「中院(ちゅういん)」、「大渓(たいけい)」、「合谷(ごうこく)」といわれるツボで、さまざまな角度からあなたの眠りの質や入眠をサポートします。

睡眠をぐっすりとるためには、内臓や自律神経、ホルモンバランスといった様々な身体の機関を正常に整えることが重要です。

ツボ押し器や指でツボを刺激しても効果は得られるのですが、ツボの効果を最大限に生かすためには、ぜひとも「お灸」を活用してください。

お灸と聞くと、なんだか古臭いとか、おじいちゃんがよくやるやつでしょ、というイメージがありますが、最近は若い人の間でも流行の兆しがありますし、昔に比べると非常に手軽で、使いやすいタイプのお灸が増えています。

また、筆者の愛用する「せんねん灸」という商品は、80個入りで800円ほどと中々リーズナブルです。

この機会にぜひお試しください。

それでは、不眠に効くそれぞれのツボについてご紹介したいと思います。

「失眠」不眠症で困ったらまずはこのツボ!

「失眠(しつみん)」は足の裏のかかとの中央部分に存在するツボです。

img_3832

その名の通り、眠りを失ったときに効果を発揮し、不眠症や中途覚醒、睡眠が浅い、睡眠で疲れがとれないなど、眠りに関するあらゆることに効果を発揮します。

また、ストレスの軽減にも効果があるツボですので、仕事で溜まった日々のストレスや悩み、不安などで眠れないという人にはもってこいのツボです。

かかとの皮膚は分厚くなっているので、お灸で刺激すると効果てき面です。

足の裏のかかとのちょうど中央部分にあるので、初心者でも探しやすいことも良いですね。

「中院」眠りが浅くて悩んでいる人にお勧めのツボ

「中院(ちゅういん)」は、おなかにあるツボで、ちょうどミゾオチとヘソを結んだ線の中央部分に位置します。おへそから指幅で5本ほど上がったところにあり、ちょうど胃の中央に位置するとされています。

「中院」は眠りが浅くてお悩みの人や、夜中に何度も目を覚ましてしまう中途覚醒の人にお勧めのツボです。

「中院」は胃腸の機能全般に働きかけ、乱れたホルモンのバランスを整えてくれる働きがあり、その結果、自律神経の働きを正常に保ち、深い眠りに導いてくれます。

「大渓(たいけい)」寝つきが悪い、目覚めが悪い人にお勧めのツボ

「大渓(たいけい)」は内くるぶしとアキレス腱のあいだのくぼみにあるツボです。

img_3831

見つけるコツとしては、足の内側(親指側)のくるぶしの上あたりにある丸い骨のやや内側にあるくぼんだ部分で、押すとそこだけ冷たく感じたり湿気を帯びているように感じているポイントです。

大渓は、腎経路のパワーが流れるツボで、身体に元気を取り戻してくれます。新陳代謝の向上や疲労回復にも効果的で、睡眠時の疲労回復をサポートしてくれます。

「合谷(ごうこく)」は身体の不調をとりさる万能のツボ

不眠症に関わらず、身体に起こる様々な不調に効果的なのが、合谷(ごうこく)というツボです。

合谷(ごうこく)は手の親指と人差し指の間にあり、手の甲を上にして、親指と人差し指の骨が交差した付け根から人差し指へ向かってなでた時にあるへこんだ部分です。

img_3829

合谷はおもに大腸系に働きかけて、身体のむくみや疲れ目、花粉症、下痢、便秘、月経痛、にきび、吹き出物など様々な身体の不調に効果があります。

不眠は身体全身のバランスが様々な器官で狂うことで起こる精神的な症状ですので、万能のツボである合谷を刺激することで解消することがあります。

手のお灸をしやすい部分にあるため、初心者でも始めやすくおススメのツボです。

いかがでしたでしょうか。

お灸は熱によって直接身体の内部を刺激するため、普段のマッサージや指圧だけではケアできない、身体の奥の奥まで刺激し、身体のバランスを整えてくれます。

本日紹介した不眠に効くツボ以外にも、腰痛、肩こり、うつ症状、冷え性に効くツボなど、身体には無数のツボが存在します。

機会があれば今後も紹介したいと思いますのでご期待ください。

それでは本日は以上となります。

 

●おススメ関連リンク

>>これでぐっすり眠れる!あなたの睡眠の質を高める7つの方法

>>走れば人生が変わる!ランニングがあなたの心身に与える7つのメリット

>>小食、プチ断食で心も身体もリセット!その驚くべき7つのメリットを紹介!

>>体の冷えは万病のもと!冷え症をもたらす5つの生活習慣と4つの対策法

 

>>白湯(さゆ)が体臭(口臭・ワキガ・加齢臭)の改善に効果的な3つの理由

>>サウナの温冷交代浴が体臭、ワキガ、多汗症に超効果的な4つの理由を解説

>>体臭(わきが・口臭・足臭)の改善にめちゃくちゃ効くツボとお灸のすすめ

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

Pocket