Pocket

imarishi20160724293319_tp_v

女性を中心に季節を通して悩みの種となるのが「冷え性」ですよね。

冷え性は便秘や肩こり、頭痛など様々な不調のきっかけであり、万病のもととも言われています。

そんな冷え性ですが、近年では食生活や生活習慣の乱れから、女性だけでなく、子どもや男性にも冷え性を訴える人が増えているといわれています。

冷え性を放置しておくと重篤な病気に結びつく可能性もあります。

そこで、本日は冷え性の症状や、冷え性を招く生活習慣、冷え性を克服する生活習慣についてお話したいと思います。

ポカポカの身体で絶好調な日々を取り戻しましょう。

冷えが引き起こす症状とは

身体の冷えは、私達の身体に様々なプチ不調をもたらします。

冷え症が引き起こす代表的な身体の不調には以下のようなものがあります。

1 下痢や便秘、

2 食欲不振などの胃腸不調

3 月経異常

4 肩こり、頭痛、腰痛、関節痛、

5 風邪、不眠、疲れやすい、イライラ

などと非常に多義にわたります。

特に女性の方でがちがちの肩こりや腰痛に悩まされている人は、冷え性の方が多いはずです。

なぜか身体が疲れやすい、原因は分からないがイライラが収まらないというような症状を抱えている方も、冷えによって身体がダメージを受けているサインかもしれません。

また、自分は偏頭痛体質だと思いこまれている方の中には、冷え性を治すことでウソのように偏頭痛から解放される場合があります。

冷え性の原因は胃腸を冷やすことにあり

冷え性の原因は、胃腸を冷やす事にあります。胃腸が冷えてしまうと、消化吸収をスムーズに行う機能が低下し、必要なエネルギーを全身に補う事ができなくなります。

そのことにより、必要なエネルギーが全身にとどかず、末端の手足の指先が冷たくなるといった症状が出てくるのです。

また、腸内には、身体の免疫細胞の60%以上が存在すると言われています。腸を冷やしてしまうと、免疫細胞の活動が弱まり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、花粉症やアレルギーの症状の悪化につながります。

よく、花粉症にはヨーグルトが効くと言われているのは、ヨーグルトに胃腸を整える機能があるためと考えられます。

つまり、冷え性とは、胃腸が弱まることで起こるSOSのサインなのです。

胃腸が冷えやすい5つの生活習慣

胃腸が冷えやすい生活習慣は以下の7つがあてはまります。

1 ジュースやアイス、冷たい飲食物のとりすぎ

ジュースやアイスなどの冷たい飲食物の摂り過ぎは直接的に胃腸を冷やす原因になります。普段から温かいものを取り入れるようにしましょう。

2 食生活の偏り

食生活が乱れたり、脂肪分の多い食事の摂り過ぎは胃腸の消化を妨げるため、胃腸の機能を弱め、胃腸を冷やします。また、お酒の飲みすぎも胃腸を荒らす直接の原因となりますので飲み過ぎには注意しましょう。

3 運動不足

運動不足により、血行や代謝が悪くなると、胃腸の機能を低下させ胃腸を冷やす原因になります。ランニングなどの有酸素運動は胃腸だけでなく、全身のバランスを整える良い習慣ですので、日頃の運動を心がけましょう。

4 湯船に入らない

ついつい湯船に入るのがめんどくさくなってシャワーだけで済ましてしまうという方は要注意です。入浴は身体をあたためるのに最も適した方法です。

5 睡眠不足

7時間以上の睡眠は、心身ともに身体を休めることができます。睡眠の3時間前には食事を済ませ、睡眠によって胃腸を休めることで、胃腸が万全の調子を取り戻し、胃腸の冷えを防ぎます。

 

身体をあたためる4つの方法

次に、胃腸の冷えを予防し、身体をあたためる4つの生活習慣を説明しましょう。

1 朝食を食べる

身体をあたためるためには、体温の低い朝にしっかり温かい朝食をとって身体をあたためることが重要です。なにかと忙しい朝ですが、1日のスタートを重たい身体で始めるから、軽い身体で始めるかは朝食にかかっています。

2 冷たい物を控える

季節を問わず、冷たいものは控えるようにしましょう。特に暑い夏は、ついつい冷たいアイスやジュース、ビールなどに手が向かいがちですが、夏に冷たいものを摂りすぎると夏風邪や、夏バテの原因になります。

3 半身浴を取り入れる

ぬるめのお湯で20分以上半身浴を行うと、身体を芯から温めるため、冷え性を解消します。さらに半身浴は心身ともにリラックス効果があり、日頃のストレスを沈めるため、胃腸への負担を軽減します。

4 白湯(さゆ)を生活に取り入れる

冷え性を防ぎ、身体をあたためるためには白湯(さゆ)がおススメです。

白湯(さゆ)とは、湯ざましとも言われ、40℃~50℃前後に温めたお湯です。近年美容や健康、ダイエットの効果があるとして注目を集めています。白湯については以下の記事も参考にしてください。

>>白湯(さゆ)の効果や作り方

いかがでしたでしょうか。

普段の生活の中で改善できる点はみつかりましたか?

冷え性は規則正しい生活習慣で十分に改善することができます。

本日ご紹介した生活習慣をきっちり行い、冬でもぽかぽかな身体を手に入れましょう。

それでは本日は以上となります。

●おススメ関連リンク

>>走れば人生が変わる!ランニングがあなたの心身に与える7つのメリット

>>小食、プチ断食で心も身体もリセット!その驚くべき7つのメリットを紹介!

>>これでぐっすり眠れる!あなたの睡眠の質を高める7つの方法

>>たばこを辞めたら人生が変わる!禁煙がもたらす5つのメリット2

>>体の冷えは万病のもと!冷え症をもたらす5つの生活習慣と4つの対策法

 

>>白湯(さゆ)が体臭(口臭・ワキガ・加齢臭)の改善に効果的な3つの理由

>>サウナの温冷交代浴が体臭、ワキガ、多汗症に超効果的な4つの理由を解説

>>体臭(わきが・口臭・足臭)の改善にめちゃくちゃ効くツボとお灸のすすめ

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

Pocket