Pocket

vv9v9a2986_tp_v1

日々忙しい仕事に追われる毎日、家に帰宅してついつい飲みたくなってしまうのがお酒ですよね。

適度な飲酒であれば、健康への害はそこまで大きくないのですが、飲酒をされる方の中には、ほとんど毎日飲酒を行っている人もいるのではないでしょうか。

かくいう筆者も、数年前までは365日、1日も開けずに飲酒をしていまいた。

しかも、その飲酒量は、ストロングゼロの500ml缶を1日に4本も飲んでいました。

それだけの量を飲んでいて身体が健康なはずもなく、そういった生活を4年間も続けてしまったのです。

しかし、ある時体調を崩したことをきっかけに、努力に努力を重ねてアルコール依存から脱出しました。

本日は、お酒を辞めることができて人生がどのように変わったか、筆者の体験談をお話ししたいと思います。

なお、筆者が努力の末にお酒を辞めることができた方法はこちらの記事も参考にしてください。

>>脱アルコール中毒!毎日お酒を飲むことを辞めるための5つの方法

1 お酒をやめると下痢から解放される

お酒を辞めて、筆者がもっともよかったなと思った事が、慢性的な下痢からの解放でした。お酒を毎日飲んでいた時は、毎朝、腹痛に襲われ、水下痢に悩まされていました。

しかも、水下痢は1度でおさまること無く、1日に何度も何度も、もよおすこととなりました。

それもそのはず、お酒を飲むときは毎日お酒だけで2リットルもの水分を摂っていたため、これではお腹を壊してあたりまえです。

お酒を辞めることでこういった症状もぴたっとおさまり、快適な生活を送ることができるようになりました。

水便から解放されることで、持病の痔もだいぶ良くなったように感じます。

2 お酒をやめると睡眠不足から解消される

お酒を飲まなくなって明らかに変わったことは、慢性的な睡眠不足の解消と、翌朝の目覚めの良さです。

お酒を毎日飲んでいた時は、寝つきはお酒の力でかなり良かったのですが、夜中に何度も何度も目を覚まし、睡眠を細切れでとるような感じでした。ひどい時は1時間に1度ほど起きたり寝たりを繰り返していました。

しかも1度起きると眠れなくなることが多々あり、慢性的な睡眠不足に悩まされていました。

また目覚めも、だるさと気持ち悪さと吐き気と、口臭のくささで最悪な状態でした。

そんな地獄の様な日々から、お酒を辞めることで解消されました。

お酒を辞めて数日は、癖になっていたのか何度も起きることがありましたが、飲まない日々が長くなるとそれも次第に消えていきました。

お酒を辞めるとこんなに睡眠が心身を休めさせてくれるものなのだと驚かされるほどでした。

睡眠不足が解消することで、日中も活動的になり、日々にメリハリがでるようになりました。

睡眠をもっと効率的にとりたい方はこちらの記事も参考にしてください。

>>これでぐっすり眠れる!あなたの睡眠の質を高める7つの方法

 

3 お酒をやめると人の話が理解できるようになる

人と話す上で明らかに実感できたことは、人の話を理解できるようになったことです。

今までは、頭の中に障壁の様なものがもやもやと邪魔をしていて、少しでも難しい話は理解しようとする前に頭が拒否反応を起こしていました。

それのせいで、人の話を理解しないままに事をすすめて失敗してしまったり、聞いたこととは違う事をしてしまったりと、日常面、仕事面でトラブルがバタバタと続く日々でした。

そして、トラブルによるバタバタのストレスからまたお酒を飲んでの繰り返しが負のスパイラルを生みだしていました。

4 お酒をやめると仕事の作業効率があがる

上記でもお話した通り、お酒を辞めると、確実に仕事の作業効率があがります

まず、人の話が理解できるようになったことも大きいのですが、作業効率が上がったことも実感しました。

お酒を毎日飲んでいた時は、考えることがとにかく億劫で、工夫をしたり考えれば効率よくできていた仕事を、脳が思考することを拒んでいたため、回りくどい簡単なやりかたでしか仕事ができませんでした。

また、自分のやった仕事について、ミスがないか確認することを脳が拒み、適当な仕事をしてはミスを繰り返していました。

それが、お酒を辞めることで、脳が思考能力を取り戻し、確認作業も億劫にならなくなりました。むしろ後々にミスをして時間をとられるなら、今時間をかけて確認した方が絶対に良いという考えになりました。

それは社会人としてあたりまえの考えかもしれませんが、当時の筆者にはそのことすら分からないまでに脳がアルコールに犯されていたんだと思います。

5 お酒をやめると趣味の時間をもてる

お酒を辞めることで、趣味の時間をもてるようになりました。

お酒を飲んでいた時は、仕事から帰ってから寝るまでの全ての時間をお酒を飲む時間に充てていました。

お酒を飲むと細かい作業や文字を読むことが億劫になるので、趣味といえば、テレビを見たり、youtubeを見たりといった感じでした。

しかし、お酒を辞めることで、あまりある時間を手に入れることで、今日は何をやろうというわくわく感で満たされています。

当サイト「健康はぴライフ」を始めたのも、お酒を辞めることで自分の健康に気をつかいたいという気持ちと、自分の悲惨な過去を書いた上で、自分と同じように苦しむ皆さんに情報発信をしたいと思ったことがきっかけです。

皆さんが当サイトを読んで、少しでも健康にきをつかった生活をして頂くことが筆者の今の幸せです。

6 アルコールを辞めると体臭がなくなる

アルコールは体臭を悪化させます。

自分では気が付かない事が多いのですが、飲んでいない人からすれば、朝からプンプン酒臭いニオイを振りまいています。

アルコールが分解されたあとのアセトアルデヒドがニオイの原因なのですが、アルコールと体臭の関係については以下の記事に特筆しましたので参考にしてください。

>>アルコールを毎日飲む人の体臭がくさい3つの理由とアルコール中毒になる飲酒量

7 お酒を辞めると金銭的にも助かる

お酒を辞めると財布の中も潤います。

筆者がお酒を買っていた時は、コンビニでお酒とつまみを買う日々でした。日によってもばらつきがありますが、毎日2000円程度は使っていたと記憶しています。

毎日2000円と言う事は、月に6万円、年間72万円ものお金を、何の生産性も無い飲酒という行為に費やしていたのです。これでは貯金なんてほとんどできるはずもありません。

お酒を辞めた現在では、お酒に充てていた分のお金を毎月貯金し、家計も潤っています。

いかがでしたでしょうか。

お酒は確かにストレス解消になるかもしれませんが、飲みすぎや毎日のお酒は明らかにあなたの身体にとってストレスを増やす原因になります。

お酒をいきなり辞めることは難しいかもしれません。

すこしずつでも良いのでアルコールの摂取量を少なくしていくのも一つの方法です。

アルコールを辞めて、快適な生活を送りましょう!

それでは本日は以上となります。

●お酒・アルコール関連リンク

>>二日酔い解消に超効果的な対策グッズランキング!朝からシャキっと元気に!

>>禁酒の健康効果を期間ごとに解説!3日、1週間、1か月で肝臓は回復する

>>禁酒・断酒・節酒がダイエットに効果的な4つの理由と、痩せる期間はどれくらい?

>>アルコールを毎日飲む人の体臭がくさい3つの理由とアルコール中毒になる飲酒量

>>もうお酒臭いなんて言わせない!アルコールのニオイを消す5つの秘訣

>>元アルコール中毒者が教える!毎日お酒を飲むことの7つのデメリット

>>脱アルコール中毒!毎日お酒を飲むことを辞めるための5つの方法

>>アルコール依存症になりやすい人の5つの飲み方の特徴まとめ

>>毎日のお酒が外見に及ぼす5つの悪影響!むくみ、肌荒れ、ハゲ、体臭

 

>>体臭(わきが・口臭・足臭)の改善にめちゃくちゃ効くツボとお灸のすすめ

>>白湯(さゆ)が体臭(口臭・ワキガ・加齢臭)の改善に効果的な3つの理由

>>サウナの温冷交代浴が体臭、ワキガ、多汗症に超効果的な4つの理由を解説

>>自分の足臭、口臭、脇臭のレベルをニオイセンサーでチェックしてみた

 

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

Pocket