Pocket

shiosio_kasdfjk_tp_v1

厚生労働省が発表した健康調査によると、週に2度以上、30分程度の運動を継続して行う習慣のある人の割合は、男性で33、8%、女性で27,2%であり、実に3人に1人程度の人が、運動の習慣をもっています。

数ある運動の種類の中で、もっとも取り組みやすく、お金がかからず、手軽に行える運動として、ランニングやジョギングが挙げられます。

ランニングは、一人でもできますし、行える時間を選びません。

ある調査によると、日本のランニング人口は1000万人とも言われています。

当の筆者もランニングの習慣があり、週に2~3回は1回10km程度のランニングを行います。

なぜランニングというスポーツは、1000万人もの人の足をうごかす魅力があるのでしょうか。

本日は人々を魅了するランニングを行うことで得られる生活上のメリットについてご紹介したいと思います。

メリット1 体力が向上し、疲れにくい身体になる

ランニングで得られるメリットとして、体力の向上が挙げられます。

走ることによって、心肺機能が鍛えられるため、ちょっとの事では息があがらなくなりますし、足腰が鍛えられる事によって、肉体労働も楽になります。

ランニングを嫌う人のなかには、「ランニングをすると疲れちゃって仕事に支障がでるからやらない」などと言われる人もいますが、

それはまったくの逆で、むしろランニングを行うから、日々の仕事にも疲れることなく取り組めるのです。

メリット2 脳が活性化し仕事がめちゃくちゃ捗る

脳と運動の関係については、分かっていないことが多いのですが、ある研究では、運動習慣が脳の活性化を促進し、アルツハイマーの予防に効果があるということが分かっています。

長時間の有酸素運動は、脳になんらかの影響を与え、脳の活性化に貢献します。

現に、筆者も仕事に行く前の1時間をランニングに充てることがありますが、ランニングを朝にした日としなかった日では、明らかに仕事の捗り方に違いがあります。

朝にランニングを行って仕事に行くと、朝からフルスロットルで仕事に打ち込むことができます。

また、ある一説では、会社の社長やトップセールスマンと言った、デキル男は、ランニングを日々の生活に取り入れている方が多いと言われています。

仕事ができる人をめざすあなたは、朝にランニングを行う事をお勧めします。

メリット3 ストレスが解消できる

ストレス社会において、ランニングはストレス解消に最高の趣味です。

人はストレスにさらされると、防御反応として交感神経が働き、アドレナリンが分泌され、ストレスと戦う準備を行います。

この状態が継続してつづくと、身体が緊張状態になり、心も身体も疲弊します。

ランニングなどのリズム運動は脳内にセロトニンという快楽物質を作り出すため、ドーパミンのなどの暴走が収まり、心や身体を落ち着かせる作用があります。

ランニングを行うと胃のあたりにあった不快感が無くなると感じられた方は多いと思います。

また、ランニングを行った後は、なんだかすがすがしい気持ちになることも多いかと思いますが、ランニングによるセロトニンが分泌されることでの効果です。

日々のストレスでお疲れの方は、仕事が終わってからランニングを行うと、日々のストレスに打ち勝つことができるでしょう。

メリット4 免疫力がUPし病気になりにくい

ある研究による報告によると、ランニングなどの有酸素運動を行っている人と、運動習慣のない人を比較した結果、有酸素運動を習慣にしている人にはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)という免疫をつかさどる細胞が多いことがわかっています。

ナチュラルキラー細胞は体内をパトロールし、病原体やがん細胞を直接攻撃して撃退する役割をもっています。

つまり、このナチュラルキラー細胞が多いと、それだけ撃退できる病原体が増えるため、免疫力があがると言う事です。

それにより風邪やインフルエンザになりにくかったり、将来的にはガンなどの病気になりにくい身体をつくる事ができるかもしれません。

メリット5 便通がめちゃくちゃ良くなる

ランニングを行うと、腸の機能が活発になることから、便通が良くなります。

ランニングを行うとなぜかお腹が痛くなると思われている方もいらしゃると思いますが、それは胃腸の機能が活性化している証拠です。

そのことから、便秘などに悩む方は朝にランニングを行うことで、便秘の解消が期待できます。

メリット6 ダイエット効果がすさまじい

ほとんど全ての方がご承知のとおり、ランニングなどの有酸素運動はダイエットにも非常に効果的です。

ランニングによる消費カロリーは、およそ、走った距離×体重により割り出すことができます。

体重60kgの人が10km走った場合、およそ600kcalの消費となります。

1kgの脂肪を燃焼させるためには、およそ8000kcalの消費が必要になりますので、

体重60kgの人が脂肪を1kg落とすためには、およそ135kmほど走る必要があります。

135kmと聞いて、途方もない距離に思われるかたもいらっしゃるかと思いますが、ランニングを習慣にしている方にとっては、初心者ランナーでも1か月にこのくらい走る方は多いものです。

メリット7 血行が改善し、肩こり、腰痛に効果的

ランニングは全身の血行を良くするため、肩こりや腰痛、冷え性など、血行不全によっておこりうる身体の症状に非常に効果的です。

また、腰痛に関しては、血行の改善だけでなく、ランニングにより腹筋背筋が鍛えられることでも改善されるため、ダブルで腰痛の症状を和らげてくれます。

ただし、極度の腰痛の方は、ランニングがかえって腰痛を悪化させる場合もありますので、自身の身体と相談しながら行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

本日はランニングを行うことで、あなたの心身に起こる7つのメリットをご紹介しました。

ランニングにはたくさんのメリットがあります。

日々の生活に取り入れて、快活の生活を送りましょう。

なお、仕事で忙しくてなかなか走る時間がとれないという方は帰宅ランもおすすめです。以下の記事も参考にしてください。

>>時間がないランナー必見!通勤ラン(帰宅ラン)がおすすめな5つの理由

それでは本日は以上となります。

●おススメ関連リンク

>>ランニングやジョギングのダイエット効果を上げる5つの方法、健康・美容にも最適

>>運動不足の解消で症状が改善する20の病気まとめ、腰痛や便秘解消も!

>>時間がないランナー必見!通勤ラン(帰宅ラン)がおすすめな5つの理由

>>小食、プチ断食で心も身体もリセット!その驚くべき7つのメリットを紹介!

>>白湯(さゆ)が体臭(口臭・ワキガ・加齢臭)の改善に効果的な3つの理由

>>これでぐっすり眠れる!あなたの睡眠の質を高める7つの方法2

>>たばこを辞めたら人生が変わる!禁煙がもたらす5つのメリット2

 

>>サウナの温冷交代浴が体臭、ワキガ、多汗症に超効果的な4つの理由を解説

>>体臭(わきが・口臭・足臭)の改善にめちゃくちゃ効くツボとお灸のすすめ

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

Pocket