Pocket

tsuyoshi-18_tp_v1

ご自身の体臭の中で、もっとも気がつきにくい体臭は頭皮のにおいです。

なぜなら、ワキや足、口臭などは自分でかぐことができますが、頭皮だけは鼻を近づけることができないからです。

しかし、自分で気が付きにくいと言っても、周りはあなたの頭皮のニオイに迷惑しているかもしれません。

本日は頭皮のニオイの原因と対策法、フケ症について特筆してお話したいと思います。

頭皮の嫌なニオイの原因は?

頭皮のにおいの原因は4つです。

1 頭皮に細菌が繁殖することによる悪臭の発生

私達の皮膚には、無数の細菌が存在しています。その中には、良い菌もいれば、悪い菌もいます。

頭皮を不潔にしていたり、ストレス、暴飲暴食、ファーストフードの食べ過ぎなどによる皮脂の過剰分泌が最近の繁殖の原因となります。

また、寝不足や、過度の飲酒、喫煙も、身体の免疫力を低下させ、菌を繁殖させやすい身体となります。

さらに、入浴後、髪を乾かさないことも悪臭の原因になります。菌は気温と湿度が高いほど繁殖しやすくなります。

頭皮を濡れたままにすると、頭皮の周りの湿度が上がり、細菌が繁殖しやすくなります。入浴後は、念入りに頭皮を乾かしましょう。

ただし、高温のドライヤーでの感想は、髪を傷めてしまう原因になりますので、60℃以下の温度設定ができるドライヤーを選ぶなどの工夫をするとなお良いでしょう。

2 フケ症は頭皮のニオイを悪化させる原因になる

フケとは、私達の頭皮から、古くなって剥がれた角質細胞です。

皮膚でいうところのアカと同じようなものです。

フケがでること自体は生理的な現象ですし、少なからずどんな人でもフケがでます。

しかし、フケが異常にでたり、かゆみを伴ったりすると、フケ症の疑いがあります。

さらに、フケ症の人は頭皮の臭いも悪化する可能性があります。

さきほど、頭皮の細菌の繁殖が、頭皮のにおいの悪化につながるというお話をしました。

実は、フケは細菌の栄養分になりますので、フケ症の人は頭皮の細菌が繁殖しやすい状況にあるため、頭皮の臭いが悪化する可能性があります。

フケ症の原因は真菌というカビの一種が繁殖することです。

真菌は人間の体にごく普通にいるカビ菌の一種なのですが、ストレスや、脂っこいものの食べ過ぎ、過度の飲酒、タバコ、睡眠不足など、さまざまな原因により異常繁殖する可能性があります。

フケ症を改善するには、これらの生活習慣を見直し、バランスの良い食事と、睡眠、運動を心がけることで解消します。

どうしても解消しない場合は皮膚科に通院することをお勧めします。

3 髪の毛が周囲のニオイを吸着することによる悪臭

髪の洗い方や乾かし方に問題があると、髪の毛自体が周囲のニオイを吸着する恐れがあります。

髪の表面にはキューティクルがあり、キューティクルが髪をコーティングすることで髪を保護しています。

しかし、髪の毛を乱雑にごしごしと洗ったり、乾かし方を間違えると、キューティクルが髪の毛を上手くコーティングできない状態となり、そこにニオイが吸着するのです。

特に、朝シャンなどをして外出するときは念入りに髪を乾かしましょう。

髪が生乾きの状態で外に出てしまうと、外の排気ガスの臭いや、タバコのニオイを吸着しやすくなりますので注意しましょう。

4 そのタオル、何日目?

バスタオルを何日も使いまわす人は、タオルに繁殖した細菌を頭皮にこすりつけているのと同じです。

タオルから頭皮へ移った細菌が、さらにあなたの頭皮で繁殖をはじめるため、バスタオルを何日も使う人は頭皮のニオイを悪化させます。

ある調査によると、およそ6割ほどの人が、タオルを使いまわすことがあると回答しています。

また、1週間以上タオルを使うというひとは、少ないながらも約10%程度いると言うことです。

これらの人の頭皮が必ずくさいという訳ではありませんが、タオルの使いまわしは確実にあなたの頭皮の細菌数を増やす原因です。

できれば毎日バスタオルは新しいものを使うことをお勧めしますが、それが難しければ最低でも2日に一度は交換しましょう。

頭皮のニオイを改善するにはどうすればよいか

上記で述べた頭皮のニオイを悪化させる原因の裏返しにはなってしまいますが、頭皮のニオイを改善するには、

1 食生活のバランスを整え、質の良い睡眠、適度な運動を生活に取り入れる

2 髪はごしごし洗わずに、優しくなでるように頭皮をまんべんなく洗う

3 入浴後はドライヤーでしっかりと髪を乾かす

4 入浴後のバスタオルはできるだけ毎日買える

というような対策法が挙げられます。上記の4つの対策を行ってもにおいが改善されないようでしたら皮膚科で診てもらうことも良いでしょう。

頭皮がくさい場合は、炎症を伴う頭皮のかゆみやかぶれ、フケ症などを併発していることが多くありますし、放っておくと脂漏性皮膚炎や、はげの原因になる可能性もあります。おかしいなと思ったら早めに皮膚科に通院しましょう。

 

それでは本日は以上となります

●おススメ関連リンク

>>白湯(さゆ)が体臭(口臭・ワキガ・加齢臭)の改善に効果的な3つの理由

>>サウナの温冷交代浴が体臭、ワキガ、多汗症に超効果的な4つの理由を解説

>>自分の足臭、口臭、脇臭のレベルをニオイセンサーでチェックしてみた

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

Pocket