Pocket

b784_tokyowanmagic_tp_v1

わきが、口臭、体臭でお悩みの皆さん

そして、体臭対策について様々な方法を尽くしてきて、どれもダメだったと嘆かれているそこのあなた

本日は、体臭対策に効果的なツボのお話と、筆者も毎日行っているお灸のススメです。

お灸はなんだかジジくさいと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

最近のお灸は研究開発により昔のものとは比べ物にならないくらい、進化しています。

中にはアロマの香りがするアロマ灸や、おしゃれなお灸なんかもありますので、この記事を読んだ機会に一度ぜひとも試して欲しいと思います。

お灸がなぜ体臭の改善・予防に効くの?

人間の体にはたくさんのツボがあるのは皆さんもご存じかと思います。

なんだか肩が凝った時や、腰が痛い時に、指圧やマッサージ、針治療などを受けたことがある方もいるかもしれません。

冷えや疲れ、不摂生が積み重なることで人間は様々な不調を感じるようになるのですが、この不調を、お灸は「」という刺激でツボを刺激し、血流の流れをスムーズにすることで解消する効果があります。

ではなぜ、お灸がわきがや口臭、加齢臭、足臭などの様々な体臭に効果的かと言うと、

体臭の原因の多くは、日頃の不摂生や疲れ、ストレスにより、胃や腸、肝臓、腎臓、自律神経の機能が低下した結果、ニオイがきつくなるからです。

つまり、お灸による熱の刺激で、これら内臓の機能を高めてやれば、体臭は自然と解消に進むということです。

体には様々なツボがありますが、本日は、体臭を改善するためのツボをいくつか紹介したいと思います。

万能のツボ 合谷(ごうこく)

お灸初心者にまずおすすめされる事が多いのが、合谷(ごうこく)という、人差し指と親指の間のくぼみにあるツボです。

ツボの詳しい場所は、手の甲を上にして、親指と人差し指の骨が交わる付け根の部分から、人差し指に向かってなでた時にくぼみになっている部分です。

このツボを刺激すると、主に肝臓や大腸系の機能を高めることができ、体臭の悪化を防ぎます。

肝臓は、アンモニアなどの毒素や、ニオイ成分を代謝する働きがありますので、合谷(ごうこく)をお灸で刺激し、機能を活発にすることで、体臭の改善に効果があります。

便秘にも効果的ですので、便秘からくる体臭の悪化の改善にも効果を発揮します。

また、合谷(ごうこく)は万能のツボと言われるくらいたくさんの症状に効果があります。

理由は分からないけどなぜだか体調がすぐれないと思われているプチ不調の方にもおススメです。

合谷を刺激することで得られるその他の効果

体のむくみ、風邪のひきはじめ、疲れ目、花粉症、アレルギー、腹痛、下痢、月経痛、美肌、小顔、シワ、法令線

万能のツボ 足三里(あしさんり)

足三里(あしさんり)もお灸初心者にまずおすすめされるツボです。ツボの位置としては、ひざ下の外側にあるくぼみから指幅で4本下がったところにあります。ひざを手で囲むように持ち、中指を伸ばして指先があたる場所にあります。

足三里をお灸で刺激すると、主に胃系の内臓の機能を高めることができます。また、滞りがちな体内の「気」と「水」の流れをスムーズにし、体に活力を与えてくれます。

疲れやストレスにより一番にダメージが行きやすいのが胃です。胃の機能が弱まると、消化不良により食べ物が体内で発酵し、口臭やワキガ、体臭の悪化につながります。

足三里を刺激することで得られるその他の効果

体のむくみ、食欲不振、胃もたれ、花粉症、アレルギー、痔、朝起きられない、過食、拒食

体臭改善に効果的なツボ 中院(ちゅうかん)

中院(ちゅうかん)はおへそから指幅で5本あがったところにあり、胃の中央に位置するといわれるツボです。みぞおちとおへそのほぼ中間点にありますので、比較的見つけやすいツボです。

中院(ちゅうかん)は胃腸障害に良く効くツボです。消化器系の働きを整えることで、体臭を改善します。また胃腸機能を高めるため、飲みすぎや二日酔いにも効くとされています。

お灸はどこで買えばいいの?どれがおすすめ?

お灸はドラッグストアで取り扱っています。

シップなどが置いてあるコーナーに置いているお店が多いのですが、見つからなければお店の人に聞いてみましょう。

また、ネットではアマゾンや楽天でも取り扱っています。

筆者が愛用しているのは「せんねん灸」です。

せんねん灸は温熱の弱いものから強いものまでタイプがありますので、初心者でお灸にまだなれていない方にもお勧めです。

初めての方は、一番弱いソフト灸から始めると良いでしょう。

値段についてはお店にもよりますが、筆者はいつも近くのドラッグストアで850円くらいで購入しています。

お灸をするのはどの時間がベスト?

お灸をする時間帯ですが、筆者がおススメするのは就寝前か、起床後朝ごはんを食べてからです。

就寝前に行うと、合谷(ごうこく)には入眠効果もありますので、快適な睡眠につくことができます。

また、朝に足三里や合谷のお灸を行うと、胃腸の調子がよくなり、一日を元気に過ごせますし、体臭も気にならない気がします。

お灸を使う際の注意点

お灸は火を使いますので注意しましょう。小さなお子さんがいる方等は、火を使わないお灸もありますのでそちらを選ぶことをお勧めします。

また、アルコールを摂取しての使用は控えてください。

入浴の前後1時間程度は血行が良くなりすぎるので控えるようにしてください。

 

それでは本日は以上となります。

●おススメ関連リンク

>>白湯(さゆ)が体臭(口臭・ワキガ・加齢臭)の改善に効果的な3つの理由

>>サウナの温冷交代浴が体臭、ワキガ、多汗症に超効果的な4つの理由を解説

>>自分の足臭、口臭、脇臭のレベルをニオイセンサーでチェックしてみた

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

 

Pocket