Pocket

bl008-cyottomatteyo5820140810_tp_v1

加齢臭とは、人が年齢を重ねるごとに発生してくる中高年特有のにおいです。

人間は、40歳以降、年齢を重ねるごとに皮脂線から、パルミトオレイン酸という不飽和脂肪酸を多く出すようになります。

このパルミトオレイン酸と、過酸化脂質が結びつき、酸化されることによってできる物質が、加齢臭のもとであるノネナールという物質です。

過酸化脂質はコレステロールや中性脂肪などの脂質が活性酸素により酸化されることによって生まれます。

加齢臭のニオイの特徴

加齢臭の原因であるノネナールの臭いの特徴は、

カビたチーズの臭い、埃っぽいような臭いとか、古びた本の臭いとか、ロウソクの臭いにたとえられます。

ワキガや口臭、足の臭いにくらべると、悪臭という訳ではないのですが、あまり良い臭いとも言えません。

特に、幼少期をおじいちゃんやおばあちゃんと過ごすことがあまり無かった人にとっては、慣れない臭いです。

おじいちゃんっ子だった筆者にとっては、加齢臭はどこか懐かしいおじいちゃんの臭いというイメージです。

この様に、人によっては嫌なニオイも、別の人にとっては懐かしい匂いになります。

もちろんニオイに対する嫌悪感も人それぞれです。

加齢臭の原因はいったい何?

冒頭で、加齢臭は、パルミトオレイン酸と、過酸化脂質が混じり合うことで、ノネナールという物質ができ、このノネナールが加齢臭の元となるニオイを発生させるという事を説明しました。

つまり、パルミトオレイン酸と、過酸化脂質の分泌を減らすことができれば、加齢臭は軽減できるということです。

この2つの成分を減らす方法は、

①脂質の多い食事を抑えること

②ストレスをため込まないこと

の2つです。

①脂質の多い食事を抑える

パルミトオレイン酸も、過酸化脂質もどちらも不飽和脂質の一種です。不飽和脂肪酸というと、昨今では健康に良いと言うイメージですが、実は加齢臭を促進させます。

脂質や糖質の多い食事や、栄養の偏った食事ばかり摂っていると、血中のコレステロールが多くなり、同時に、皮脂線にも脂肪が多くつき、汗とともに不飽和脂肪酸であるパルミトオレイン酸を多く出すことになります。

特に、パルミトオレイン酸を増やしやすい食材として、肉類、バター、マヨネーズ等が挙げられます。

これらの食材を過剰摂取とならないように気を付けましょう。

から揚げにマヨネーズをかけて食べると美味しいですが、あれは加齢臭を悪化させる禁断の果実ですよ。

②ストレスをため込むと加齢臭は悪化する

過酸化脂質は、不飽和脂肪酸が活性酸素によって分解されたものです。

ストレスをため込みすぎると、体内で活性酸素が増え、不飽和脂肪酸と結びつくことにより過酸化脂質の量が増えます。

活性酸素は人間が活動を行う上でかかせない物質なのですが、この物質が増えすぎると、ニオイの原因となる他、体内の細胞を酸化させ、老化のもとになります。

つまり、年齢よりも老けてみられると言う人は、ストレスが多かったりして活性酸素が多い傾向があるといえるのではないでしょうか。

加齢臭を防ぐための心がけとは

加齢臭の原因は、食事と、ストレスというお話をしてきましたが、加齢臭を一刻も早くなおしたいという方は、

まず、食事を朝昼晩の3食きっちりと摂取し、野菜や海草、豆類を積極的に取り入れるなど、栄養のバランスに気を使いましょう。また、肉類の暴食を控え、2日に1度は魚を主菜に取り入れると良いでしょう。

また、ストレスの解消については、睡眠と運動が大きな役割を担います。また余暇活動を充実させるために、趣味をもつこともストレス緩和に有効です。

睡眠については言わずもがなかと思われますが、人間は睡眠により、身体を休めるだけでなく、精神のバランスも正常に整えられます。

仕事が忙しいサラリーマン等には難しいかもしれませんが、人間に最適な睡眠時間は7時間~8時間と言われています。

睡眠の質が高いから睡眠時間は短くて大丈夫という人もいるかもしれませんが、睡眠不足が続くと、内臓機能が衰え、体内のニオイ物質を分解する肝臓や腎臓が低機能になると、加齢臭だけでなく、アンモニア臭や汗臭い匂い、ワキガのニオイまで悪化させてしまいます。

また、運動も心身のバランスを整えるのに非常に効果的です。軽いウォーキングでも1時間程度行うとなかなか良い運動になります。

体が慣れ始めたらジョギングやランニングに切り替えるなどして、運動習慣をつけることで、ストレスが軽減されます。

さらに、運動を行うことで加齢臭の原因となる脂質の蓄積を防ぐことができますので、運動がダブルで加齢臭に力を発揮することになります。

メタボ対策のためにも運動習慣をつけましょう。

加齢臭対策まとめ

良い食事をとることにより、脂肪酸の蓄積を抑え、睡眠・運動によりストレスを軽減させることで過酸化脂質を抑える。そのことが、加齢臭の元となるノネナールの生成を抑え加齢臭を軽減させます。

加齢臭もそうですが、脇汗のニオイや足のニオイ、口臭のニオイも

食事、運動、睡眠をバランスよく行う事で解消に近づきます。

ただし、こういった健康的な生活を送っていても、身体からなぜかいつもと違う匂いがするようになったと思われる方は、病気が原因の場合があります。

そのような場合、医師に早めにかかることをお勧めします。

口臭と病気の関連性については以下の記事も参考にしてください。

>>その口臭、病気かも?においの種類でわかる5つの病気 糖尿病や肝臓病も?

それでは本日は以上となります。

●おススメ関連リンク

>>自分の足臭、口臭、脇臭のレベルをニオイセンサーでチェックしてみた

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

 

 

Pocket