Pocket

sep_327215200714_tp_v

寒い冬になると、おろそかになりがちな体臭対策

体臭には、足臭、ワキガ、口臭、加齢臭などと様々にありますが、

みなさんは冬でもちゃんとケアをしていますか?

暑い夏は多くの方が汗をかくということに敏感になって、対策を万全にされるのですが、

実は、冬こそ体臭のケアをおろそかにできない季節なのです。

冬にこそなぜ体臭のケアが必要なのか

暑い夏は汗を多くかくため、自然と水分補給を行う回数が増えます。

しかし、寒い冬は活動量も減り、寒さのため、発汗量は夏に比べると極端に減ります。

人間の体は、活動を行う限り、体内でニオイ成分を発生させてしまいます。

ニオイ成分は肝臓で代謝され、アンモニアは尿から排出されたり、自然な発汗により体外へ排出されます。

しかし、尿も汗も、水分を多くとらなければ、体内にたまる一方です。

つまり、水分の摂取量が少なくなる冬は、ニオイの成分が排出されることが少なくなり、

体内で濃縮されてしまうのです。

濃縮されたニオイ成分は、夏よりもさらに強いニオイの原因となります。

冬は、ハロウィン、忘年会や新年会、クリスマスやバレンタインなどと様々なイベントが目白押しです。

そんな中、濃縮された体臭をぷんぷん臭わせてしまうと、大好きなあの人にも良い印象は与えられないでしょう。

だからこそ、冬にこそ体臭対策を万全にして、日々努力をするべきだと筆者は考えます。

冬は足がめっちゃ臭くなる

忘年会や新年会で、座敷に上がらないといけないことが多くなる冬の季節

特に女性の場合は、ブーツなどの足の蒸れやすい靴をはく機会が増える季節です。

年を忘れるはずの忘年会で、他人に忘れられないニオイの記憶を植え付ける前に

また、新年のすがすがしい気持ちを足のニオイで台無しにしないためにも、冬の足臭対策は急務です。

足のニオイ対策の3つのポイントを解説します。

1 足を清潔に保とう

まず、基本的な事ですが、ニオイの原因の根本は足からでる汗が、足に潜む細菌と結びつき、悪臭を放つことです。

実は1日に足から発汗する汗は1リットルとも言われています。

それだけの水分が足からでるのですから、ブーツなどの足を覆う靴を履いていると蒸れてしまうのは当たり前ですね。汗を止めることは難しいので、まずは普段から入浴の際に足を清潔に保ちましょう。

汗自体は無臭ですが、ニオイの原因は、汗と細菌が混じり合う事なのです。足を清潔にし、細菌の繁殖を防ぐことでニオイは大きく軽減します。

ただし、普段から足を清潔に保っていても足が臭う場合があります。その場合は水虫や爪白癬といった病気の可能性がありますので医師にかかりましょう。

水虫の場合は皮がむけたり、痒くなったりといった症状が出るので分かりやすいのですが、爪白癬は爪が白っぽくなるだけで、なかなか気づきにくいのが特徴です。

爪白癬についても皮膚科で処方される薬を飲めば臭いが改善されますので、医師に相談しましょう。

②靴下を清潔にたもとう

足を清潔に保っているし、水虫でも無いのになぜか臭う場合は、クツ下が雑菌の温床になっている可能性があります。

冬だからといって洗濯を週に1回や2回にしてしまうと、時間を経るごとにクツ下についた雑菌が繁殖してしまます。

そんなクツ下に足からかいた汗が反応すると、足のニオイの原因になります。

洗濯は冬でも毎日行うか、毎日の洗濯がめんどくさい場合は、ため込んだ靴下を洗濯する前に、ハイターなどに着けておくと雑菌を殺菌することができます。

また、冬は水が冷たくなるため、洗剤で落ち切れない汚れが増えることになります。

ハイターでも効かない場合は、洗濯の水をお風呂からひくなどをして、暖かいお湯で洗濯をすることもポイントです。

③靴を清潔に保つこと

足も、クツ下も清潔に保っているのになぜか足が臭すぎてたまらないというかたは、もはや靴自体が臭いの温床になっている可能性があります。

靴のインナーソールはあなたが日々かいた汗を吸収し続けています。しかも、靴は靴下ほど洗う頻度は低いものです。

特に、お気に入りの靴だからといって毎日のように同じ靴を履いている方は要注意です。

靴は1日はくと、あなたの足からの汗を大量に吸水しています。

吸水された汗は2,3日かけて自然に乾燥するのですが、履く頻度が増えると乾燥が追い付かず常に湿った状態が継続します。

そのような状態になると雑菌にとって絶好の繁殖の場所となり、繁殖した雑菌が臭いの原因になります。

1足の靴を毎日履くのではなく、1日履いたら最低でも1日、できれば2~3日は休めてあげましょう。

そうすることで臭いを防ぐだけで無く、クツが長持ちするようになりますので、お気に入りの靴を長く愛用することができますよ。

また、100円ショップ等で販売されている乾燥材を、履いた後の靴に入れておくことで、より一層除湿効果が高まり、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

冬にこそ水分摂取を多めにとろう

冒頭で、冬は水分の摂取が少なくなるため、体内にニオイ成分が濃縮してしまうという話をしました。

寒い季節なのでなかなか水分摂取が捗らないのですが、体臭の改善をしたいなら、冬こそ水分摂取が必要です。

筆者がおススメなのは、白湯(さゆ)です。さゆとは、人肌程度(40℃くらい)に温められたお湯です。

白湯(さゆ)は水分補給にもなりますし、身体を温めて、ダイエット効果や美容効果、体臭改善効果が期待されます。

白湯についてはこちらの記事も参考にしてください。

>>いやなニオイや体臭を軽減する5つの体質改善方法

 

いかがでしたでしょうか。

冬にこそ、足のニオイ対策を怠ってはいけないということをご理解いただけたかと思います。

これから厳しい冬を無臭で乗り切りましょう。

それでは本日は以上となります。

●おススメ関連リンク

>>ラヴィリンフットクリームの効果をニオイセンサーで測定してみた

>>自分の足臭、口臭、脇臭のレベルをニオイセンサーでチェックしてみた

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

 

Pocket