Pocket

hennshuuIMG_5700_TP_V1

もしかしてわたしってワキガかも?

そんな悩みを抱えて当サイトに来られた方がほとんどかと思われます。

昨今のワキガ治療は多くの医師や研究者のおかげで飛躍的に進歩しています。

しかし、どれだけ技術が進もうが、「自分がワキガである」という自覚が無ければ、その技術が有意義に使われる事はありません。

特に自分のニオイというものは、自分で気づくことが難しいものです。

自身がわきがであるかそうでないかを調べる方法として、最も確実な方法は他人の意見を聞くことです。

親族や親しい友人に聞くのも良いですし、医師に判断してもらうことが一番確実でしょう。

しかし、「人になんて恥ずかしくて聞けるわけ無いし、病院に行くのも煩わしい」

と思われる方が大半なのではないでしょうか。

そんな方は「わきが・多汗症チェックリスト」により、簡易的にご自身のワキガ度をチェックしてみましょう。

ワキガ・多汗症チェックリスト

以下の10問の質問に答えてください。

度合いは1がまったくない、2がまれにある、3が時々ある、4が良くある、5が頻繁にある

という感じで考えてください。

症状 度合い
1 耳垢に湿り気がある 1 2 3 4 5
2 肉や乳製品、脂肪の多い食品を良く食べる 1 2 3 4 5
3 自分のニオイが臭いことに気がつく 1 2 3 4 5
4 他人からニオイがキツイといわれることがある 1 2 3 4 5
5 汗をかくとシャツが黄ばむ 1 2 3 4 5
6 家族にわきがの人がいる 1 2 3 4 5
7 緊張や興奮をすると汗が噴き出す 1 2 3 4 5
8 風呂に入っても数時間で体臭が気になる 1 2 3 4 5
9 体毛が濃い方だ 1 2 3 4 5
10 他人のニオイには神経質だ 1 2 3 4 5

いかがでしたでしょうか。

それでは1~10の質問で答えた数字を足してみてください。

40~50点・・・ワキガ・多汗症である可能性が非常に高いです。今すぐ病院へ受診するか、デオドラント対策に励みましょう。

30~40点・・・ワキガ・多汗症である可能性がやや高いです。一度医師のカウンセリングを受けることをお勧めします。日常的なケアを十分に行うことも重要です。

20~30点・・・日常的なケアで隠すことができるレベルでしょう。どうしても自身で気になるようでしたら医師のカウンセリングを受けるのもよいと思います。

19点以下・・・ワキガではないかもしれません。汗のにおいが気になる場合、日常的なケアと清潔を心がけることで改善が十分可能でしょう。

注意していただきたいのは、このチェックリストを、あくまで目安として参考程度にとらえていただきたいことです。

点数が低くてワキガの方もいらっしゃいますし、逆に点数が高くてワキガではない人もいます。

わかりやすいように点数化をしましたが、どうしても自分がワキガではないかと気になるようでしたら、やはり医師のカウンセリングを受けることが一番です。

ちなみに、以上の10項目については以下の記事でもう少し掘り下げてお話しています。

参考にどうぞ>>あなたもワキガ?ワキガ体質10の特徴

自分がワキガ・多汗症だとわかったら

さて、このチェックリストにより自分がワキガだと確信した方は今後どのようにすれば良いのでしょうか。

方法としては、

1 気にせず今まで通り生活をする

2 市販のデオドラントや食生活の見直しによりセルフケアを行う

3 医師に掛かり手術を行う

の3とおりの方法があるでしょう。

1の「気にしない」は、開き直ってどうどうと生活しちゃいなさいということです。

ただ、1の方法をとる人は、ハナからこのサイトには来ないでしょう。

2のセルフケアは、おそらくワキガで悩む方の大部分がとっている方法なのではないでしょうか。

最近は本当に様々な商品がでています。

一昔前は8×4のようなスプレータイプが主流でしたが、今はジェルタイプや飲むサプリメントなんかも出ていたりします。

また、食事の改善もニオイに大きく関わってくるので有効な方法です。

セルフケアのメリットは、やはりお手軽だと言うことです。市販されている安いものですと数百円程度でケアができるし、脇に塗るだけなので、手術の様な肌を切る恐怖もありません。

セルフケアのデメリットとしては、一生対策をし続けなければいけないということでしょうか。

自身に合うケアグッズを探し求めることも大変な作業です。

また、食事療法は効果のでかたが緩やかで、人によっては効果が実感できない方もいらっしゃいます。

3の手術ですが、メリットとしては、根本的なニオイの解消ができることです。

また、最近は健康保険がきく治療を行っている病院も多くなってきました。

手術費用は保険適用ですと両脇で3~5万円程度の様です。

しかし、保険が適用される症状かどうかは医師の判断になりますし、保険適用となる手術は肌を切る方法でしか認められていないのが現状です。

切らない手術もありますが、20~30万円ほどと高額な治療であることが多いでしょう。

高額な手術費を払って再発するというケースもあるようなので考え物です。

会社や学校に行っている人は手術後のダウンタイムを休む必要もでてきます。

筆者のおススメは!

お金と度胸と休みがある人は手術が最も合理的な方法かと筆者は考えます。

ただ、やっぱり手術が怖いとか、お金が無い、休みが取れないと言う方が大半な世の中なわけです。

やはり、そういうもろもろの事を考えると、多くの方に妥当な方法はセルフケアじゃないかと思います。

そこで、当サイトでは、セルフケアの方法を他のサイトよりもっと理論的に検証できればと画策している次第でございます。

ニオイセンサーを使ってセルフケア商品の効果を測定していきます。

ワキガ対策の効果測定はこちら

>>ニオイセンサーを使ってデオナチュレの効果を測定してみた。

>>ニオイセンサーでリフレアの効果を測定実験してみた

当サイトおススメの「ノアンデ」のニオイセンサーを使った測定結果は以下のリンクを参照してください。

>>ノアンデがワキガ対策グッズの中で最強すぎる件について

このサイトを通じて、多くの悩める方々の支えになればと願います。

それでは本記事は以上とします。


 

>>脇汗対策グッズのニオイセンサー測定実験一覧

>>ホームへ

 

Pocket