Pocket

IMG_3306

皆さんはワキガ対策グッズ、エティアキシルをご存知でしょうか?

ドラッグストアやスーパーでは販売されていないので知らないかたも多いかもしれませんが、

ネット上で「効果がすごい」と口コミが多く、人気が爆発したワキガ対策グッズです。

こちらはネット通販や、アマゾン、楽天等で購入が可能です。

エティアキシルの特徴は、汗そのものをかきにくくする効果が超強力であることです。

本日は、エティアキシルの概要と、ニオイセンサーによる測定実験を行いたいと思います。

1 エティアキシルとは

IMG_3303

エティアキシルの販売元はデンマークにあるRIEMANN(リエマン)社です。

正式名称は「エティアキシル デトランスピラント

容量は15ml

単品価格は購入サイトや時期によって違いますが、概ね1600円~3000円程度です。

有効成分は、乳酸アルミニウムと塩化アルミニウムでしょう。

塩化アルミニウムには収斂(しゅうれん)作用が強くあり、そのことが発汗を抑えます。

しゅうれん作用とは、皮膚を構成するたんぱく質を変性させ、汗腺を縮める効果です。

汗腺を縮め、そこにアルミニウムを詰まらせることで、汗が出ないようにするのです。

そのことから、塩化アルミニウムには、かゆみやかぶれ等の副作用がでる可能性が高いため注意が必要です。

使用する場合、肌に合っていないと感じたらすぐに使用を中止しましょう。

実際のところ、エティアキシルは副作用が強いので、筆者はあまりおススメをしていません

今回は実験目的でエティアキシルを紹介していますが、はっきりいって、ワキガ対策グッズの中ではノアンデが最強です。

当サイト一押しのノアンデについては以下の記事で効果の検証を行っていますので参考にしてください。

>>ノアンデの効果をニオイセンサーで検証したら最強だった件

2 エティアキシルの使い方や塗るタイミングは?

IMG_3304

エティアキシルは上の画像のようにロールオンタイプです。

中の液体は、粘り気が全くない、さらさらとした液体です。

使用のタイミングは就寝前です。なんでも、就寝前がもっともその効果を高めるようです。

ワキ全体にまんべんなく液体が行きわたる様に2往復ほどロールオンします。

臭いは結構強烈で、セメダインの様な臭いがします。

おそらく使用直後にニオイセンサーを近づけると、ワキガ臭よりも強い反応を示すかもしれません。

 

3 エティアキシルの効果をニオイセンサーで測定

それでは恒例の臭い測定実験をしたいと思います。

今回もコスモス社のXP-329mにて測定実験を行います。

ニオイセンサーの数値等の概要はこちらの記事を参考にしてください。

>>ニオイセンサーについて

ちなみに最近測った物のニオイの強さはこんな感じです。

ミカンのニオイ・・・35

納豆のニオイ・・・100

生ごみのニオイ・・・178

仕事帰りの筆者のワキガのニオイ・・・189

香水の原液のニオイ・・・200

臭いについては、室内の測定値を0とした場合の相対的な数値です。

今回は、エティアキシルを就寝前に右わきに塗り、左わきは何も使用せず、翌朝の臭いの差を測定してみます。

IMG_3305

それでは、右わきにエティアキシルをロールオンして就寝です。

と思ったのですが、、、

筆者にもきました。

強烈なかゆみという副作用が。。。

かゆすぎてしばらく眠れなくなるぐらいかゆいです。肌をかきむしってしまうため、薄手の手袋をして寝る羽目になってしまいました。これは普段使いは非常に難しいかもしれません。

それでは起床後の数値を測定してみましょう。

まずは、何も塗っていない左わきから測定します。

IMG_3316

はい、測定値は208です。いつも通り何もつけていない左わきは非常にきつい臭いを発しています。

ちなみに数値的に150を超えると自分でもわかるくらいのニオイですので、筆者は朝からバリバリということです。

続きましてエティアキシルを塗った右わきを測定します。

IMG_3324

これは本当に効果がありました。

左が208で右が55ですので、その差は153です。

なんと臭いの削減率は74%でした。

ちなみに、以前測定した他の商品との比較は以下の通りです。

製品名 使用前 使用後 臭い削減率 効果の持続
ノアンデ 213 35 84% 7-8時間
エティアキシル 208 55 74% 副作用のため
測定不可
デオナチュレ 171 79 64% 3-4時間
8×4 ワキ汗EX 213 118 45% 3-4時間
Ag+スプレー 209 118 43% 3-4時間
リフレア 155 92 41% 2-3時間
ミョウバン水 201 69 66% 1時間

比べてみても効果が非常に高いことがわかりました。

確かに、これはネット上で評判になるのも分かります。

しかし、筆者が敏感肌だったからか、朝起きてからもエティアキシルを塗った右わきが非常にかゆくてしょうがいないという副作用に襲われました。

また、汗をかきそうになると余計にかゆくなるのです。

我慢ができなかったので、風呂に入りしっかりと洗い流してしまうことにしました。

そのため効果の持続時間については測定不可でした。

持続時間を期待されていた方、申し訳ありません。

口コミ等によると1日~3日ほど効果が持続するとのことですが、このかゆみが常に続くことを考えると、ワキガ臭とはまた違った悩みとなります。

まとめ

エティアキシルはたしかにワキ汗を止め、ワキガ臭の低減に効果があると思います。

しかし、成分が塩化アルミニウムであることから、肌のことを気遣う人は極力使用を避けた方が良いかと思います。

現に筆者は、かゆみでひどいことになりました。

この様に考えれば、エティアキシルよりニオイの削減率が高く、肌に優しいノアンデはやはり最強だと思います。

当サイト一押しの効果ですので、ぜひお試しあれ。

ノアンデの効果検証時の記事はこちらを参考にしてください。

>>ノアンデをニオイセンサーで測定した結果が衝撃だった。

ちなみにノアンデについては、以下の公式サイトも参考にしてみてください。

>>【120日間返金保証】わきが対策の決定版「NOANDE・ノアンデ」

 


●おすすめ関連リンク

>>ワキガ対策グッズ「ノアンデ」をニオイセンサーで測定実験してみた

>>デオドラント商品の効果を最大限に発揮する4つの心構え

>>GATSBY シールドデオドラントスティックのワキガへの効果を測定してみた

 

>>ニオイセンサーの測定実験一覧

>>ホームへ

 

Pocket