Pocket

IMG_4164

赤ちゃんの歯が生え始めるのは、個人差もありますが6か月~1歳ごろといわれています。

わが子の歯が生え始めて日々成長を感じる中で、ふと疑問に思うのが、赤ちゃんに歯磨きは必要なのかということです。

基本的に赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在しません。しかし、だからと言って虫歯にならないというわけではありません。

例えば、お母さんやお父さんからキスをされて、虫歯菌が赤ちゃんの口に入ったり、

親と同じ箸を使う、親がフーフーした食べ物を食べる

といった日常的な動作でも、虫歯菌は赤ちゃんの口の中に入ってしまいます。

つまり、歯が生え始めた時から、しっかりとオーラルケアをすることが重要なのです。

赤ちゃんの歯磨き粉はどうすればよい?

赤ちゃんの歯を磨くときに歯磨き粉を大人と同様なものを使っても良いのかという疑問が生まれます。

赤ちゃんには、必ず小児用の歯磨き粉を使うことをお勧めします。

大人様な歯磨き粉は、刺激が強すぎたり、研磨剤や発泡剤が入っていて小さな子供の口腔内には不向きです。

ジェルタイプの柔らかくて刺激の少ない小児用の歯磨き粉を使いましょう。

おすすめはドルチボーレのベビートゥースペーストジェルです。

赤ちゃんの歯磨き粉を選ぶ際のポイントは以下の4つです

1 オーラルケアがしっかりできる

2 刺激が少ない

3 誤って飲んでしまっても安心な成分

4 子供が嫌がらず使いやすい

実はこれら4つのポイントを満たしている赤ちゃん用の歯磨き粉はなかなか少ないものです。

特に、毎日使うものですから、4番の子供が嫌がらないというのは重要なんですが、

市販品は、どれも味が人工的なのか、慣れるまでは子供がめちゃくちゃ嫌がります。

そこでおすすめしたいのが、ドルチボーレのベビートゥースペーストジェルです。

品質もしっかりしていて、食品レベルの成分から作られているようですので、誤って飲み込んでしまったりしても安心ですね。

細かな成分などは以下の写真も参考にしてください。

IMG_4165

大人が舐めてみるとわかるのですが、決して人工的ではない、ごく自然なグレープフルーツ味が再現されています。

歯磨きが初めての子供でも決して嫌がることなくお試しできますよ。

 

こちらの商品は以下の公式サイトからぜひお試ししてください。
公式サイトはこちら>>ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル

 



Pocket