Pocket

IMG_3221

脇汗の臭いやワキガでお悩みのみなさまへ、本日ご紹介するのが「ミョウバン水」です。

ミョウバン水とは、読んで字のごとくミョウバンを溶かした水です。

ミョウバン水は、非常に安価かつ、ニオイへの即効的な効果が強く全身に使えると言う最強のアイテムです。

しかも、もともと食品添加物なので、身体に非常に優しく安全な素材です。

しかもこれが、お宅で簡単に作れてしまうのですから、体臭でお悩みの方にはマストアイテムです。

本日は、ミョウバン水の作り方と、その効果をニオイセンサーを使って測定し、その効果を実証したいと思います。

なぜミョウバンが体臭に効果的か

IMG_3222

ミョウバンは一般的にきゅうりやナスを漬物にする時や、イモやクリをゆでる時に使われます。

このミョウバンを溶かしたミョウバン水がなぜ体臭に効果を発揮するのでしょうか。

それには以下の3つの理由があります。

① 酸性という性質

② 収斂(しゅうれん)作用・制汗作用

①ですが、ミョウバンは水に溶けると酸性をしめす物質です。汗が臭いを放つ際に、ニオイのもとになる雑菌や細菌はアルカリ性を示す物がほとんどなので、酸性のミョウバンと反応し中和され、雑菌の繁殖を抑えます。

② ミョウバンには収斂(しゅうれん)作用という肌の表面にあるたんぱく質を変化させ、肌を引き締める効果があります。そのため、汗線も引き締められ、汗の分泌を抑える効果があります。

以上の2つの効果から、ミョウバンは制汗剤に使われることが多く、皆さんも良くご存じの「デオナチュレ」の主な成分もミョウバンです。

ミョウバンは制汗効果が高く、しかも安価で、スーパーでも手に入ります。

筆者はドラッグストアで購入しているのですが、60gで200円でした。

デオナチュレの内容量が20gなので、デオナチュレ3本分のミョウバンが200円で買えると言うことですね。

筆者は毎日、制汗剤を使う前に、このミョウバン水でワキと足をひと拭きしています。

ミョウバン水は、他の制汗剤と重ねて使うことで効果を発揮します。

単体での使用ですと、効果の持続が非常に短く感じます。これは後ほどの測定実験でも報告したいと思います。

ミョウバン水の作り方は?

ミョウバン水の材料は以下のものです。

① 500mlのペットボトル

② ミョウバン 20g

③ 水 400ml

また、ミョウバン水を霧吹きにするための空のスプレーボトルがあると便利です。

作り方は、

1 ペットボトルの中に、ミョウバン20gと水400mlを入れ

2 良く振る

3 その後、冷蔵庫で1日置いておく

以上です。簡単でしょう。

ミョウバンは水に溶けにくいので、1と2の行程だけではミョウバンが溶け切りません。

冷蔵庫で1日置いておくと、ミョウバンがまんべんなくとけ、透明な液体となります。

以下の画像の様に、初めからスプレーボトルで作っておくと詰め替えの必要が無く便利です。

IMG_3228

こちらのスプレーをティッシュやペーパータオルにシュッと一拭きします。

IMG_3229

これでわきをひと拭きすれば、ウソのように臭いが消えるのです。

ちなみに、ミョウバン水の使用期限は冷蔵庫の保存で約1か月です。

ミョウバン水の効果をニオイセンサーで測定

それでは恒例の臭い測定実験をしたいと思います。

今回もコスモス社のXP-329mにて測定実験を行います。

ニオイセンサーの数値等の概要はこちらの記事を参考にしてください。

>>ニオイセンサーについて

ちなみに最近測った物のニオイの強さはこんな感じです。

ミカンのニオイ・・・35

納豆のニオイ・・・100

生ごみのニオイ・・・178

仕事帰りの筆者のワキガのニオイ・・・189

香水の原液のニオイ・・・200

臭いについては、室内の測定値を0とした場合の相対的な数値です。

まず、朝起床した時の筆者のわきの臭いを測定します。

IMG_3224

はい、201です。本日も中々に臭っています。昨日がっつり肉を食べたからでしょうか。

そして、ミョウバン水をキッチンペーパーに吹きかけ、ワキを拭いた後の測定結果がこちらです。

IMG_3226

ジャン!!なんと測定値は69です!

今まで、デオナチュレやリフレア等の効果を測定しましたが、中でも最も効果が出ています。

デオナチュレ使用直前の測定値が79

リフレア使用直前の測定値が92

でしたので、あのデオナチュレよりも効果が高いということに驚きです。

おそらくですが、デオナチュレやリフレアとの違いは、ミョウバン水を付けたキッチンペーパーで直接、臭いのもとである雑菌を拭きとったことだと思います。

つまり、ニオイのもとを根こそぎ無くしたことで臭いの測定値も低くなったのでしょう。

ミョウバン水使用前201⇒使用後69ということなので、ニオイの減少率は66%でした。

リフレアもデオナチュレも臭いの減少率は40%ほどだったので、これはかなりの効果だと思います。

さて、ここで気になるのが防臭効果の持続時間です。

1時間後の結果を測定してみましょう。

IMG_3227

はい、測定値は111です。

そして、ミョウバン水使用2時間後の測定値がこちらです。

IMG_3225

はい、188まで上昇し、ミョウバン水使用前の朝の数値にかなり近づきました。

このことからミョウバン水の持続時間はせいぜい1時間程度であることがわかりました。

ミョウバン水測定まとめ

使用前201⇒使用後69⇒1時間後111⇒2時間後188

という結果がでました。

以上の測定結果から、

ミョウバン水は一時的に体臭を抑える効果が非常に強いことがわかりました。

しかし、効果の持続時間は1時間程度と一時的です。これは、単純に水とミョウバンからできているため、汗で流れやすいということかと考えられます。

デオナチュレ等の持続時間が長いのは、油等で商品を固め、汗で流れにくくしているからでしょう。

ミョウバン水の特性から、筆者がおススメする使い方は、

制汗剤の利用前に、ミョウバン水でワキや足を拭き、その上から制汗剤を使用することです。

臭いの元である雑菌が0の状態で制汗剤を重ね塗りすることで、制汗剤の効果をさらに高く、持続時間をさらに長くすることができると考えます。

重ね塗りについても、時間があれば測定実験をしてみたいと思います。

ちなみに、当サイトおススメのワキガ対策グッズ、

「ノアンデ」のニオイセンサーを使った測定結果は以下のリンクを参照してください。

>>ノアンデがワキガ対策グッズの中で最強すぎる件について

それでは本日は以上となります。


 

>>ニオイセンサーの測定実験一覧

>>ホームへ

 

 

Pocket