Pocket

saya0I9A4189072170014_TP_V

妊娠したことが分かると、まず決めなければならないのが「どこで産むか」です。里帰り出産をする場合は通院する病院と分娩する病院どちらも決めなければなりません。

なんとなく近いから・・大きな病院だから・・など漠然とした理由で産院を決めて、いざ通ってみると必要な設備が無かった・先生や助産婦さんと折り合いが悪い・・など後悔してしまう事があります。

どこを見て産院をきめればいいのか?今回は産院を決めるにあたってチェックすべき事をまとめました。

分娩先はいつ決めればいい?

妊娠が発覚次第、早ければ早い方がいいでしょう。人気の個人病院などは早いところで妊娠7週頃に予約をしないと満員のため受け付けてくれないといった場合もあります。

通院する病院と分娩先は同じにするか

つまり里帰りをするかどうかです。病院によっては健診のみ行っていて分娩は他の病院を紹介というところもあります。同じ病院で最後まで通うのかどうかによって、病院を決める必要があります。

産院の種類って何がある?

大学病院

新生児の緊急対応をするNICU(新生児集中治療室)を備えているところが多く、ハイリスクな出産をする方など、高度医療を求める方向けです。

例として高齢出産・多胎妊娠・早産・その他出産においてリスクのある妊婦さんを優先的に受け入れるため、特にそれらに当てはまらない通常のお産をする方は制限される事もあります。

総合病院

複数の科が集まった病院のことです。内科や小児科などがあるため、他の科の受診が必要になってもすぐに行くことができます。混んでいて待ち時間が長かったり、主治医が担当制ではなく毎回違うケースが多いです。NICUがあるかどうかは病院によるので確認が必要です。

クリニック

バースプランに対してこだわりのある方や主治医の先生と密接にコミュニケーションが取りたい方などはおすすめです。クリニックによって特色があるので、自分に合う所かどうか一度受診して決めるのもありかもしれません。

診療所・助産院

地域密着型でアットホームな雰囲気を求める方向けです。個人医院のため先生や助産婦さんとのつながりも深くなります。自宅出産希望を受け付けているところもあります。ただし医療行為を行えないため、万が一帝王切開などの医療行為が必要になった場合は提携先の病院へ搬送されます。

産院を決める際に確認することは?

・リスクのある出産かどうか

多胎妊娠・高齢出産・帝王切開経験あり等の場合はNICUがあるなど、高度医療設備のある産院を選ぶ必要があります。

・通院に負担がないか

初期はつわりがひどかったり、後期はお腹が大きくて動くのが辛いので、通院が負担にならない立地にあることが重要です。自宅からバスや電車で通う場合は30分以内の所が理想です。

・バースプランをどう考えているか

腰痛がひどいので水中出産がしたい・自宅で出産がしたい・自然分娩にこだわりたい・・など要望がある方はそれに対応できる産院を探す必要があります。こだわりが強いほど大きな病院では難しいので個人産院で検討することになります。

・先生は担当制がいいかどうか

先生は毎回同じ人に診てもらいたい、女性の先生がいい・・という方は個人産院またはクリニックが選択肢になります。総合病院や大学病院では毎回先生が違い、また来院者数も多いため診察時間も短めな所が多いです。

・設備・サービスは充実しているか

産院によって2Dエコーしかないところ、毎回4Dエコーを撮ってくれるところなど最新機器を導入しているかどうか違いがあります。これはホームページでも確認できる事が多いので事前に調べてみてもいいでしょう。また、マタニティクラス・マタニティヨガ教室など教室を開いている産院もありますので興味のある方はそういったところも視野に入れるとよいでしょう。

・受付の方の対応

毎回通院する度に必ず接しますので、意外と大きなポイントになってきます。ところによっては忙しさのせいか態度が事務的すぎて質問したいこともできない・・ひどいときはストレスすら感じるような所もあります。インターネットで口コミを調べたり、電話して何か質問して感じを確かめてみるのもいいでしょう。

・分娩費用はどのくらいか

地域や産院によって費用も大きく異なります。入院部屋が個室が団体かなどによっても差が出てきます。高額な費用に驚く・・なんてことが無い様に事前に確認しましょう。

どうやって産院を探せばいい?

・インターネット

便利な世の中になったものです。大概の情報はインターネットを使って入手できます。細かいことは電話して直接聞いてみましょう。産院の口コミ情報も載っていますので参考にすると良いと思います。その際は診察の待ち時間や分娩費用などもチェックすることをおすすめします。

・近所の経産婦にきく

家族や友人・ご近所に出産した方がいればどこの産院で産んだのかなど相談してみましょう。実際に通い経験した方の生の声はとても貴重なものです。知り合いの助産婦さんなどを紹介してもらえれば、入院したときに心強くなります。

さいごに

妊娠が分かっただけでも一大事なのに、産婦人科の先生は割とすぐに「どこで分娩しますか?」と聞いてくるので、こちらとしては考えが追い付かないこともあります。流れに任せて分娩先を決めてしまわずに、確認事項をしっかりチェックして後悔のない決断ができるといいですね。

よい妊婦ライフが送れますように。

Pocket