Pocket

YK0I9A6222_TP_V1

今の時代はほとんどの妊婦さんが妊娠初期=つわりがひどい時期にお仕事をしています。お仕事内容やつわりの症状は人それぞれですが、働きながらつわりに耐えるのは本当に辛いことですよね。今回は筆者の経験も含めて、つわり時におすすめの飲み物をご紹介します。

つわりの種類・仕事中で特にしんどいのはいつ?

つわりには食べづわり・吐きづわり・匂いづわり・よだれづわり・眠りづわりなどがありますが、特に空腹時やストレスを感じた時によりしんどく感じたり、慢性的にずっと気持ち悪いというパターンもあります。

朝の通勤電車内で気分が悪くなる

筆者はこのパターンで、職場に着いたときには気持ち悪くてぐったりしていました。そのため朝に飲み物を買って少しスッキリさせてから仕事をスタートさせていました。

お昼前の空腹時はとても辛い時間

お菓子などつまめる状況であれば、こまめに食べる事をおすすめします。または飴やガムでもOKです。何かしら口に入れていると少し気分が和らぎます。

お昼のランチを食べた後

胃の不快感や吐き気を催す場合もあります。ランチは満腹になるほど食べ過ぎないことをおすすめします。また和食や消化にいいものをなるべく選びましょう。辛いものや塩分の多いものはつわりを悪化させやすいです。

また食事中や食事前後30分以内に水分を摂りすぎると消化活動の妨げとなり、これも胃の不快感につながるので気を付けましょう。

つわりがひどい時におすすめの飲み物TOP5

TOP5位:「ニチレイアセロラ」

気持ちが悪いとどうしても味のある飲み物が欲しくなります。そんなときにちょうどよかったのがこのアセロラジュース。味のあるジュースだと砂糖がたくさん入っていて甘すぎる商品が多く、全部飲みきれなかったのですが、こちらは甘さが控えめでほどよい酸っぱさがあるのでつわり時に飲みやすかったです。

TOP4位:「いろはす 炭酸水レモン」

つわりがひどい時、炭酸飲料はかなりすっきりします。しかし炭酸飲料は砂糖が多めだし、炭酸水は苦手・・と言う方にはこちらがかなりおすすめです。炭酸水ですが味があって飲みやすいし、何よりもカロリーが100mlあたり19カロリーという低さ。後味もすっきりしてます。

TOP3位:「十六茶」

ノンカフェインで、後味がすっきりしていて、いくら飲んでも大丈夫・・バツグンの安定感のある飲み物でつわり時にはお世話になりました。この独特な香ばしい匂いもリラックスできます。他にも六条麦茶や爽健美茶なども飲みやすいですが、「お茶シリーズ」の中で敢えて代表を挙げるなら・・ということでこちらを選びました。

TOP2位:「CCレモン」

気持ち悪さをスッとさせたいときにかなり効きます。普段はレモンの酸っぱさが強く感じますが、つわりのときにはちょうどよかったです。量もほどよく、即効性を求めるときはこちらがおすすめです。

TOP1位:「ミニッツメイド オレンジジュース」

気持ち悪さ・空腹感どちらも満たしてくれる飲み物です。味もおいしいのでごくごく飲めてしまいます。ミニッツメイドならではの濃厚さ・すっきりとした飲み心地がつわりの時に最適でした。カロリーは100mlあたり49カロリーと決して低くはないので一日一本が目安です。

つわり時における飲み方の注意点

つわり症状が辛いと、気持ち悪さがおさまるなら・・空腹で耐えられず・・など、ついつい飲み物をガブ飲みしてしまいがちです。しかしこれをやると吐き気が強くなってしまったり、胃の圧迫感・不快感が増してしまうことが多いので飲料はこまめに、少しずつ摂取することをおすすめします。

また食事中の飲み物の飲みすぎは胃液を薄めてしまい消化の妨げにもなるので、食事前後30分はおいて飲むと胃袋の不快感が和らぎます。

つわり時にこの飲み物はやめたほうがいいTOP3

逆にこの飲み物は逆効果だった・・というTOP3をご紹介します。

TOP3位:「三ツ矢サイダー」

炭酸が飲みたくてついつい手を出してしまうのですが、最初の一口くらいはスッキリするけれど次第に砂糖の甘さが気持ち悪くなってきます。つわり中は500mlのペットボトルを半分も飲むことができませんでした。さらにいうとカロリーも高めです。

TOP2位:「ポカリスエット」

気持ち悪い時に効きそうだと思って飲んでみましたが、こちらも砂糖の甘さが際立ち過ぎて逆効果でした。。水分補給にはなってもリフレッシュ効果はなかったです。

TOP1位:「コカ・コーラ」

シュワっとしたすっきり感が欲しくなって飲みたくなるのですが、カフェインが含まれている上に多量の砂糖を使用しており、妊娠中に摂取するのは好ましくありません。ジャンクフードのお供にしたいところですが、なるべく飲まないことをおすすめします。

さいごに

つわりの症状は人それぞれですので、飲みたくなるもの・NGになったものは個人差があると思います。今回の記事を一例として、色々なものを試して自分に合ったつわり対策を見つけてみてください。つわりは必ず終わりがきます。働きながらつわりと向き合うのはとても辛いと思いますが、赤ちゃんも頑張って成長しています。無理しすぎずに一歩一歩進んでいきましょう。

よい妊婦ライフをおすごしください。

Pocket