Pocket

PA151026263510_TP_V

妊娠中の大変な時期を乗り越えて産休に入られた妊婦さん、本当にお疲れ様でした。晴れて自宅でゆっくりできる日々の始まり・・という方もいれば、産休も数日経つと何をすればいいのか分からず暇を持て余している、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。出産後の自分にはうらやましくなるような現状だと思います。そんな貴重な時間をただ流されて過ごすのはもったいない!

今回は産休中の有効的な過ごし方についてご紹介します。

産休はいつから?

出産予定日の6週間前から取得できます。有給を組み合わせてもっと早い時期からお休みに入る方も多いです。産後は出産翌日から8週間です。

産休中の心得

毎日家事だけをして一日が終わってしまう・・そんなのは非常にもったいないです。せっかく自分の時間ができたのです、一日のうちにやるべき目標を持って過ごしましょう。

例えば・・

  • 一日一冊本を読む
  • ベビーグッズを作る
  • 毎日違う料理を作る
  • 小説を書く
  • マタニティヨガをする

などなど、なんでもいいのです。自分の中でその日の目標を作り過ごすことが大切です。以下に妊婦さんにおすすめな産休の過ごし方をご紹介します。

其の壱.図書館へ行ってみよう

産休中だしお金もあまり使いたくない・・だけど時間はある・・そんなときにおすすめなのが図書館です。もちろんお金はかかりませんし、図書館にはさまざまな知識が詰まっています。出産・育児に関する本が読み放題で勉強になりますし、何よりも静かでリラックスできます。エアコンも効いているので快適に過ごせますよ。

其の弐.お気に入りのカフェを見つけよう

できれば歩いて行けるくらいの距離が理想です。ずっとおうちの中にいると鬱鬱とした気分になってしまったり、マイナス思考になってしまいがちです。そんなときはお散歩ついでに行けるようなカフェを見つけましょう。読書をしたり書き物をしたり、ただお茶をしてボーっとするだけでも気持ちがリフレッシュできますよ。

コーヒーが好きな方にはスターバックスのディカフェもおすすめです。

参考記事:コーヒー好き妊婦の救世主!スタバ徹底活用法

其の参.やるべきことは1~2週間以内に終わらせる

働いている間は、部屋の掃除や赤ちゃんグッズの準備、手の込んだ料理など・・時間がなくて思うようにできずストレスを感じることもあったと思います。しかし産休に入ったら・・!と溜めておいたことたち、産休スタートしたら1~2週間以内に片付けてしまいましょう。

もちろん部屋の掃除など大掛かりなことは旦那さんや家族の手伝い無しには危険ですので、しっかり協力して行いましょう。それに後回しにしてしまうと、妊娠後期はお腹が急激に大きくなり動けなくなってきますし、マイナートラブルが発生しやすくもなります。後で後悔しないように、できるだけ早めにやっておくことをおすすめします。

其の四.携帯・ゲームは一日30分までにする

時間を持て余した時、ついつい手に取ってしまう携帯。そしてついついやってしまうのが携帯ゲーム・・これを始めるとあっという間に1時間過ぎてた!なんてことあると思います。たまにならいいのですが、ゲームって中毒性がありますよね・・暇があると癖になってずっとやってしまい、気づけば一日のほとんどゲームしていたなんてことも。暇つぶしにはなりますが、現実に何も得られるものはありません。「携帯やゲームは一日30分まで」とルール化してしまいましょう。時間配分をきちんとすることが大切です。

其の五.休みながら娯楽をしよう

妊娠後期になってくるとお腹も大きくなり、夜眠りづらくなってきます。睡眠不足で昼間にうとうとしてしまうことも少なくありません。そんなときは後ろめたさはいりません、しっかりと休息をしましょう。お母さんが疲れているときは赤ちゃんも疲れています。赤ちゃんのためと思って無理は禁物です。また臨月に入るまでは、適度な運動は大切ですが動きすぎるとかえって切迫早産になり入院・・ということも決して人ごとではありませんので、くれぐれも休み休み過ごすことが大事です。

そこで休みながらできる有意義な過ごし方として、レンタルショップを活用することがおすすめです。DVD、音楽、漫画など娯楽はたくさんあります。横になりながら楽しめるのが妊婦にとって有難いです。旦那さんにリクエストして借りてきてもらうのもいいですね。

さいごに

産休に入って自分の時間をどう使うか迷う・・きっとこんな贅沢な時間は今後そうそう無いのではと思います。だからこそ休みたい時に休み、行きたい所へ行って、食べたいものは・・ほどほどに。これから出産・育児という大仕事が待っているのです、いわば嵐の前の静けさ・・といったようなものです。後ろめたく思ったりする必要は皆無です。どうか後悔の無いよう楽しんで産休をお過ごしください。

よい妊婦ライフがおくれますように。

●あなたにおすすめ!妊婦の関連記事

>>妊娠中に妊婦が食べてはいけない4つの食べ物まとめ!カフェインや魚も注意

>>妊娠中のつらいつわりの症状と原因・時期、上手く付き合う5つの方法

>>妊娠初期になりやすい咳ぜんそく!原因と対処法

>>「でべそ」になる妊娠後期!気になるおへそのケア~やっていいこと悪いこと~

>>孤独を感じている妊婦へ~プレママ友はいなくても問題なし!な理由~

>>里帰り出産する妊婦へ!里帰り前に注意すべき5つのポイント

>>妊娠線クリームってどれを選べばいいの?自分に合った選び方

>>コーヒー好き妊婦の救世主!スタバ徹底活用法

>>コーヒー好き妊婦の救世主!スタバ徹底活用法

>>妊婦に葉酸サプリは本当に必要なのか?効果や飲む時期、デメリットは?

>>4Dエコーの実際のところ~撮りに行くメリットとデメリット

>>埼玉県で休日に4Dエコー(超音波検査)が撮れる医院まとめ

>>都内で休日に4Dエコー(超音波検査)が撮れる病院まとめ

 

>>ホームへ

Pocket