Pocket

SAYA160312530I9A3621_TP_V1

妊娠すると体にさまざまな変化が現れます。

体重が増えたり、肌が荒れたり、むくみがでたり・・女性としては気になることばかりですよね。

その中でも多くの人が悩まされることのひとつが、髪質の変化です。

筆者もまた、妊娠中期を過ぎたころから髪の毛にパサつきを感じるようになってきました。後期に入ると、トリートメントをしても髪がぱさついていて、朝起きるとこれまでつかなかったくせ毛が目立つように・・。

ある日美容室に行くと、髪質的に産後は抜け毛に悩まされるタイプかも・・と言われ余計に不安になってしまいました。

なぜ妊娠すると髪質が変わるのか?

どんなケアをすればいいのか?

おすすめのシャンプーなど、筆者が研究したことを今回はまとめたいと思います。

妊娠すると髪質が変わるのはなぜ?

AI_IMG_7772_TP_V1

簡単に言えば、ホルモンバランスの変化赤ちゃんに栄養を分けているためです。

妊娠するとエステロゲンとプロゲステロンというホルモンが増えます。非妊娠時よりもこれらのホルモンがかなり増えるため、これまでのホルモンバランスが崩れ、それによって髪質にも影響が出るのです。

さらに妊娠中、とくに中期以降は赤ちゃんが大きくなり内臓が圧迫されることなどにより、体の血液循環が悪くなりがちで、むくみに悩まされる方も多いです。この血行不良が髪にも影響を及ぼします。特に髪の毛は栄養を回す優先度が低いので、変化が分かりやすい部分なのです。

どのように変化するのか?

これは人によってざまざまで、また産前・産後でも変わってきます。

  • 髪がぱさぱさになる
  • 髪がごわごわになる
  • 髪の毛が細くなる
  • くせっ毛になる
  • 頭皮がべたつく
  • 抜け毛が増える
  • 白髪が増える
  • フケ・かゆみが出る

対策・予防する方法は?

気にし過ぎず、ストレスをためない

ひとつ安心していただきたいことは、妊娠・産後に髪質が変わったり抜け毛がひどくても、時間と共にもとに戻るという事です。

あくまでホルモンバランスの乱れ、日々の不安や睡眠不足等からくるストレスによって髪に影響が出ますが、それも期間限定の変化ということを忘れずに、いつかは元に戻る・・と考えすぎないようにしましょう。考えすぎによるストレスは悪循環を招くのみです。

とはいえ髪の毛がひどい状態をずっと放置しておく・・というのも辛いですし気になりますよね。

規則正しい食生活を

髪の毛の健康なサイクルを保つために必要最低限の条件として、睡眠と食事があります。夜22時から2時のあいだに、もっとも成長ホルモンが分泌されると言われています。理想としては夜24時までに就寝し、最低6時間以上の睡眠をとることをおすすめします。

髪に良い栄養素はビタミン・ミネラル・亜鉛・たんぱく質です。日々の食生活のなかで意識的に摂り入れていきましょう。

髪に良い食品

  • ひじき・わかめなどの海藻類
  • ブロッコリー・ほうれん草などの緑黄色野菜
  • 牡蠣
  • 大豆
  • うなぎ

何に関してもいわれることですが、なによりもさまざまな食品をバランスよく摂る事が一番です。

シャンプーを見直す

「経皮毒」ということばがあります。さまざまな化粧品がドラッグストアなどで安価・気軽に手に入る時代ですが、その中には体にとって有害な作用を及ぼしてしまう化学成分が含まれているものも多くあります。CMや店頭ポップに促され購入し、毎日使用しているシャンプー・トリートメントは安全なものですか?

今お使いのシャンプー・トリートメントの成分表示をチェックしてみてください。台所用洗剤と同じ成分の「ラウレス硫酸ナトリウム」、刺激成分の強い「安息香酸塩」「エデト酸塩」、他にも「シリコン」や「香料」など怪しい化学成分は含まれていませんか?妊婦さんの肌はデリケートになっているので、そのような刺激成分を毎日使用することはアレルギー等のトラブルと引き起こす可能性があります。

どんなシャンプーを選べばいい?

肌に優しい成分を選ぶことが重要です。最近CM等でもよく聞きますが、「素肌に優しいアミノ酸」です。具体的にアミノ酸とは、ココイルグルタミン酸・ヤシ油脂肪酸・ラウリン酸・ミリスチン酸・グリシン・メチルアラニン・サルコシンという成分表示になります。これらが成分表示の3番目までに書かれているものを選ぶと、アミノ酸を充分な量使ったシャンプーといえます。後半に書かれているものは微量にしか含んでいないので安価かもしれませんが避けましょう。

シリコンかノンシリコンかどちらを選べばいい?

近年の自然派・オーガニック志向の流れからノンシリコンの商品は注目され急増しています。お値段も安価なものから高価なものまで・・何が違うのでしょう。

そもそもシリコンとは・・ケイ素に化学的処置を加えた合成樹脂であり、シャンプーのみでなくファンデーションなど身近な化粧品にも含まれています。ジメチコン・シクロメチコン・シロキ等の成分表示はシリコンです。シャンプーに含有する目的は、シリコンを加えることによって毛髪の表面にあるキューティクル成分を守り、指通りをなめらかにしたり、ドライヤーの熱によるダメージを防ぐ役割のためです。

ノンシリコンのメリットとデメリット

メリット

ノンシリコンにすることで、化学成分を使用しない安心感が生まれます。さらに毛髪に余計なコーティングをしないので、髪の毛が裸のような状態になり、カラーやパーマの仕上がりがきれいになったり、髪全体のボリューム感が出るようになります。シリコン独特のヌメヌメ感?が無くなるので、洗いやすくもなりますね。

デメリット

シャンプーをしたときに髪がごわごわしたり、洗い流した際にきしみを感じることがあります。さらにシリコン入りに比べて泡立ちが少ないので、二度洗いが必要になりコストがかかってしまうことも。

筆者の通う美容師さんの意見では、シリコンとノンシリコンどちらの方がいいかというのは個人差があり、その人の髪質・状態によって選ばないと逆効果になる可能性もあるそうです。

簡単にいえば、髪のダメージ・パサつき等が気になっている方はシリコンシャンプーを、ダメージが気にならず自然派で頭皮にやさしいシャンプーを使いたいかたはノンシリコンを選ぶのがよいかと思います。

妊婦におすすめのシャンプー

1 mogans

@コスメランキングで一位になるなど人気のあるシャンプーですが、実際に使用してみてノンシリコンシャンプーとしては使いやすいと感じました。植物由来成分99%でアミノ酸を19種類使用している、まさに自然派シャンプーです。香りもほどよく、妊娠中でも気にならずに使えました。ボトルが小さめということと値が張るという点を除けば、自身をもっておススメできる商品です。
2 ジョンマスターオーガニック

オーガニックシャンプーの先駆けともいえるメーカーです。100%天然由来成分・70%以上オーガニック成分という実力派です。値は張りますが、ビックボトルもあるので何度も買い足す手間が省けます。自然で体や皮膚にやさしいシャンプーを求めている方にはおすすめです。http://www.johnmasters-select.jp/s/top/CSfTop.jsp

3 ハーブガーデン
天然由来成分100%で、名前の通りオーガニックハーブを配合したシャンプーです。香りのリラックス効果もあり、泡立ちもいいところがとても使いやすいです。こちらも値は張りますが、ホームページからキャンペーン等をおこなっているので、継続して使いたい方は定価よりお安く購入できてお得です。

●あなたにおすすめ!妊婦の関連記事

>>妊娠中に妊婦が食べてはいけない4つの食べ物まとめ!カフェインや魚も注意

>>妊娠中のつらいつわりの症状と原因・時期、上手く付き合う5つの方法

>>休中暇で仕方ない妊婦さんへ!有効的な5つの時間の過ごし方

>>妊娠初期になりやすい咳ぜんそく!原因と対処法

>>「でべそ」になる妊娠後期!気になるおへそのケア~やっていいこと悪いこと~

>>孤独を感じている妊婦へ~プレママ友はいなくても問題なし!な理由~

>>里帰り出産する妊婦へ!里帰り前に注意すべき5つのポイント

>>妊娠線クリームってどれを選べばいいの?自分に合った選び方

>>コーヒー好き妊婦の救世主!スタバ徹底活用法

>>妊婦に葉酸サプリは本当に必要なのか?効果や飲む時期、デメリットは?

>>4Dエコーの実際のところ~撮りに行くメリットとデメリット

>>埼玉県で休日に4Dエコー(超音波検査)が撮れる医院まとめ

>>都内で休日に4Dエコー(超音波検査)が撮れる病院まとめ

 

>>ホームへ

Pocket