Pocket

N811_toridashitajyouzai_TP_V1

情報社会のなかで、妊婦さんにまつわる情報はありとあらゆるものが溢れていますが、その中でも断トツに必要とされているのが葉酸ですね。

そもそもなぜ葉酸は必要なのか?

高いサプリメントを購入してまで摂取する意味はあるのか?

実際のところを分かりやすくまとめてみました。

そもそも葉酸ってなに?

ビタミンB群に属す水溶性ビタミンのひとつであり、ほうれん草の葉から抽出されたためこの名称となった。正常な数・形の赤血球を作る働きをもつ。

なぜ妊婦に葉酸が必要なのか?摂らないとどうなる?

葉酸が不足すると・・

貧血、動悸、神経過敏、脳形成不全、動脈硬化等を起こしやすくなる。

妊婦に必要なのはなぜか?

欧米諸国では、過去に神経管閉鎖障害の発症率が高かったため、疫学研究が行われてきました。そこで充分な葉酸を妊娠超初期時に摂取していることで、発症率が大幅に減少することが分かったのです。

そして世界各国に向けて妊娠を希望する女性への葉酸摂取勧告をし、葉酸サプリの普及にもつながっていったのです。

日本では2000年に厚生労働省が普段の食生活に加えて、栄養補助食品から1日400ug摂取することを通知しました。

神経管閉鎖障害とは?

妊娠4~5週ごろに起こる先天異常のこと。

日本では新生児の2%~5%先天性疾病をもって産まれており、その理由として

遺伝子や染色体の異常→20~30%

母体の要因(ウイルス・薬など)→5%

不明→60~70%

となっています。

障害は大きく分けて二つです。

・「二分脊椎」神経管の下部に起きる閉鎖障害であり、下肢の運動障害・運動・直腸機能障害などが起こる。

・「無脳症」神経管の上部で起きる閉鎖障害であり、脳の形成不全となり死産や流産につながってしまう割合が高い。

いつ頃の時期に葉酸を摂取すべきか?

上記に記した通り、脳や脊髄の中枢神経のもとが作られる妊娠4~5週目の妊娠超初期とよばれる時期に先天性異常が起きやすいのです。

しかしその時期はまだ妊娠していることを自覚していない方の方が多いですし、検査薬や病院でも分からない時期です。

つまり、妊活中の女性はもちろん、妊娠する可能性がある状態の女性は葉酸を意識的に摂取する必要があるということです。

食べ物とサプリメント、どちらの方が身体にいい?

厚生労働省の発表によると、日常の食生活で摂取している葉酸の平均量は以下です。

 20代女性:217ug

 30代女性:233ug

そして妊娠時に推奨されている葉酸の摂取量は・・

非妊娠時→240ug

 妊娠初期(~12週)→640ug

 妊娠中期から後期(12~39週)→440ug

 授乳中→340ug

妊娠していない非妊娠時に比べて、妊娠初期には倍以上の葉酸が必要になるようです。

普段の食生活では3分の一しか補えていないことになってしまいますね。

というのも、水溶性ビタミンである葉酸は熱に弱く、調理した際に50%近くが分解されたり、茹で汁に溶けてしまうのです。

どんなに頑張って葉酸を含む食品を摂取したとしても、約半分の葉酸は吸収できないんですね。

食品に含まれる葉酸:「ポリグルタミン酸型」吸収率50%

サプリに使われる葉酸:「モノグルタミン酸型」→吸収率85%

つまり多量の葉酸を必要とする妊娠初期には、どうしても栄養補助食品(サプリメント)からの摂取が必要不可欠になるということです。

どの葉酸サプリを摂取するのがいいのか?

ではサプリメントはどうやって選べばいいのか?

インターネットで検索するとありとあらゆる種類があって一体何が違うのか、どうして値段がこんなに差があるのか・・よく分からなくなってきますよね。

葉酸サプリを選ぶ際に見極めるべきポイントをお伝えします。

1.合成添加物の配合が無いもの

まずは原材料を必ずチェックしましょう。

保存料・甘味料・香料などの不必要と思われる添加物が入っていないか。特にショ糖脂肪酸エステル・乳糖には妊娠中に摂取すると副作用をもらたす危険性もあります。

2.安心できる製造・品質であるか

葉酸サプリを製造している会社はたくさんあり、メーカーを見ても聞いたことがない会社の方が多いと思います。ホームページ上には、公開すべき情報というものがありますので、安心・信頼できる企業の製品を見極める指標として以下を確認しましょう。

  • ISOを取得しているか
  • 健康食品GMP・医薬品GMP・FDA(米国食品医療薬品局)の認定を受けた原材料を使用しているか
  • 放射能・農薬の有害物質の検査が行われているか

3.天然の葉酸か合成葉酸か

名前のイメージからしても、お値段もお高めであることから天然成分の葉酸の方が身体にもいいのでは?と思いますが、厚生労働省が推奨するのは合成葉酸なのです。

天然成分のポリグルタミン酸は吸収率が半分以下であり、合成葉酸のモノグルタミン酸は吸収率85%であることから、後者の方が胎児の先天性異常リスクに効果的と考えられているためです。

合成葉酸とは、食べられる成分で作られたものと化学薬品や石油などからつくられた化学合成の葉酸の2種類あります。化学合成の葉酸は、摂取し続けることにより赤ちゃんが小児ぜんそくになるリスクが高まると言われています。成分をしっかりと確認し、安全性の高いサプリメントを選びましょう。

4.飲みやすいかどうか

毎日飲み続けるものです。それもつわりのピーク時に飲まなければならないので通常時の感覚よりも、匂い・形状などに敏感になります。せっかく安くない値段で買ったサプリでも、気分が悪くなるから飲めない・・という勿体ないことにならないよう、ここはしっかりと確認しておきましょう。ただ、口コミなどをいくら見ても、つわりの症状や飲みやすさなどは個人の感想によるもので実際人それぞれです。試供サンプルをもらえるサプリもありますので、続けられるかどうか試してから購入することをお勧めします。

中期以降は葉酸サプリを摂取してはいけない?

飲み始める時期は妊活を始めたらすぐ必要になりますが、いつまで飲み続ければいいのか・・?というのは多くの妊婦さんが感じる疑問だと思います。

というのも、授乳期まで必要とうたうメーカーもあれば、葉酸が多く必要なのは妊娠初期のみという声もあったり、意見が統一されていないためです。

これに関してはさまざまな意見があると思いますが、あくまでもサプリメントを使っての葉酸が必要になるのは640ugの葉酸を必要とする妊娠初期であり、中期以降の必要葉酸量は440ugとなるため、サプリメントを飲み続けることによって過剰摂取(1000ug)になる不安がでてきます。それにより胎児のぜんそくリスクが高まる可能性もあることから、中期以降は食べ物からの葉酸摂取が好ましいと筆者は思います。

葉酸を多く含む食品

  • 鶏レバー、牛レバー
  • 焼き海苔
  • 枝豆
  • モロヘイヤ
  • ほうれん草

葉酸サプリのメリットとデメリット

メリット

  • 胎児の先天性異常リスク減
  • 貧血予防
  • 健康・美容効果

デメリット

  • 商品によって添加物や化学合成成分が含まれている
  • 過剰摂取による悪影響
  • 値段が高い

筆者が実際に選んだサプリ

これまで記述した以上のことを踏まえて、筆者が実際に選び、摂取していたのは【ベルタ葉酸サプリ】です。葉酸サプリの代表ともいえる有名なサプリですね。

こちらを選んだ理由として、

  • 葉酸が必要量400ug摂取できる
  • GMP適合認定の工場で製造されている
  • 放射能検出・残留農薬チェック済み
  • 吸収率の良いモノグルタミン酸である
  • 9つの添加物が無添加
  • 日本生産である
  • 美容に効果的な成分を含んでいる
  • 実績が多くメジャーである安心感

こういった理由から、こちらのサプリを購入しました。

実際に飲んでみた感想

これまでサプリを飲む習慣が無い人だったので、一日に4粒飲む・・ということに最初は驚きましたが、形状はそんなに大きくないタブレット型ですぐに飲み込んでしまえば匂いも気にならない程度だったので、さほど苦になりませんでした。

分かりやすい効果としては、ヒアルロン酸などの美容成分6種類を含んでいるせいか、飲んだ翌日の朝に鏡を見ると、お肌がつやつやで血色がよかったです。中期以降に摂取をやめてからは通常の肌状態に戻りましたが・・。

注意すべき点をあげるならば、単品購入すると5980円と高額ですが、定期購入にすると3980円とお得になります。筆者も定期購入で申し込みをしたのですが、ホームページにも明記されている通り6回の契約が必須になります。契約当時の筆者は葉酸サプリは授乳期まで飲み続けるものと思っていたため(実際にベルタサプリのホームページではそう推奨しています)、半年間の摂取を前提として契約しましたが中期に入ったころ摂取をやめたため、封を開けないままのサプリが3本ほど貯まることになりました。

旦那さんと一緒に使用する、次回の妊活時に摂取するために取っておく、もしくはベルタが推奨するように授乳期まで摂取を続ける等をして、定期購入する際は無駄にならないよう事前に確認した上での契約をお勧めします。

そんなベルタサプリは以下の公式サイトから購入してみてくださいね。



>>【ベルタ葉酸サプリ】の公式サイトで購入

 

おすすめ関連リンク

>>4Dエコーの実際のところ~撮りに行くメリットとデメリット~

>>埼玉県で休日に4Dエコー(超音波検査)が撮れる医院まとめ

>>都内で休日に4Dエコー(超音波検査)が撮れる病院まとめ

>>妊娠中に妊婦が食べてはいけない4つの食べ物まとめ!カフェインや魚も注意

>>妊娠中のつらいつわりの症状と原因・時期、上手く付き合う5つの方法

>>休中暇で仕方ない妊婦さんへ!有効的な5つの時間の過ごし方

>>妊娠初期になりやすい咳ぜんそく!原因と対処法

>>「でべそ」になる妊娠後期!気になるおへそのケア~やっていいこと悪いこと~

>>孤独を感じている妊婦へ~プレママ友はいなくても問題なし!な理由~

>>里帰り出産する妊婦へ!里帰り前に注意すべき5つのポイント

>>妊娠線クリームってどれを選べばいいの?自分に合った選び方

>>コーヒー好き妊婦の救世主!スタバ徹底活用法

>>妊婦に葉酸サプリは本当に必要なのか?効果や飲む時期、デメリットは?

 

>>ホームへ

Pocket