Pocket

you_dsc_0834_tp_v1

妊婦さんになると恐らく一度は耳にするであろう、4Dエコーという言葉

2Dや3Dと何が違うのか?

何がわかるのか?値段は?

通院している病院で設備が無い場合、他の病院に撮りに行く価値はあるのか?

などなど、耳慣れない言葉にイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。

今回は4Dエコーを実際に体験した経験を含めて、実際のところをわかりやすくまとめてみました。

そもそも4Dエコーってなに?

150705280827_tp_v1

妊婦健診で必ず行うエコー検査(超音波検査)では、通常では2Dが主流になっています。

2Dとは「二次元」を意味しており、縦と横の二次元を平面的に映像化したものです。

そして3Dとは「三次元」を意味し、二次元の縦と横に奥行きを加え、立体的に映像化したものです。

さらに4Dとは「四次元」を意味し、3Dの三次元に時間を加えたもの、つまり動画にしたものをいいます。

簡単にいえば2Dは平面的な静止画3Dは立体的な静止画4Dは立体的な動画ということですね。

 

4Dエコーで何がわかる?

lisa141018447320_tp_v1

では実際に4Dエコーを撮ることで具体的に何がわかるのでしょうか。

近年4Dエコーの設備を導入する病院が増えてきているものの、

全体的に見るとさほど多くないというのが現状です。

というのも、エコー検査はあくまで胎児の成長や異常等が無いか診察することが目的であり、

それには2Dエコーを使うのが一般的という病院が多いのです。

つまり4Dエコーは胎児の様子をより鮮明に見ることにより、胎児への愛情や母になる実感を増幅させること、または記念としてデータに残すこと等に重きを置いているようです。

2Dよりも胎児の顔が鮮明なため、ダウン症の診断ができるのでは・・?という方も多いようですが、4Dの映像を基に医師がダウン症の診断をすることは無く、ダウン症の診断はあくまでも出生前診断をしないとわからないようです。

他院通院者が4Dエコーのみ撮りに行く場合、記録として残すだけで診察は行いませんと説明している病院がほとんどです。ただ、性別(タイミングによります)や大きさなどは聞けば教えてくれるかもしれません。

 

値段はいくらくらいかかるのか?

自費負担になるため、病院によってかなり幅があります。

筆者が調べた範囲では2500~20000円くらいで、多くの病院が1万円前後を設定していました。

初診料がかかったり、USBが持参だったり、予約制かどうかなど病院によってまちまちなので事前に調べる必要があります。

また多胎妊娠の場合は費用が高くなるようです。

筆者がまとめた記事がありますので、東京・埼玉付近でお探しの方は参考にしてみてください。

都内で休日に4Dエコーが撮れる病院まとめ:http://taishuukaizen.com/archives/977

埼玉県で休日に4Dエコーが撮れる病院まとめ:http://taishuukaizen.com/archives/990

他の病院に撮りに行く価値はある?メリットとデメリットは?

決して安くはない4Dエコーです、本当にそれだけの価値があるのか気になりますよね。

メリット

・2Dエコーではわからない、胎児の表情や動きをみることができる

・記録媒体に録画して家族で共有ができる

・思い出として記録に残せる

デメリット

・費用が高い

・胎児の向きによって顔がまったく見えないことがある

・体の表明しか映せないため、内臓の診察はできない

いつの時期が最適?

病院によって推奨している時期はさまざまですが、10週以降から可能です。

からだ全体の動きが見たければ24週頃までに、表情をアップでみたいならば25~30週頃が良いようです。

30週をすぎてしまうと胎児が大きくなるため、よく撮れなくなってしまうようです。

完全予約制にしている病院がほとんどのため、希望する週数のときに予約できない・・ということが無いように早めに予約することをお勧めします。

4Dエコー検査を受ける際のアドバイス

まず、あまり期待しすぎない方がいいです。

ネットなどでよく見るような、はっきりと映った赤ちゃんの顔やからだはかなりタイミングがいいときに撮れたものです。

筆者もまた、先生に「タイミングとしては最悪ですね~」と苦笑されてしまったくらいで、動画に残ったのはまったく何がなんだかわからない、白いものがごちゃごちゃした映像で、唯一耳の形が一瞬分かった程度でした。家族に見せる気にもなれない仕上がりとなってしまいました。

どんな仕上がりだとしても、決して安くはない料金を払うのです。

貴重な体験をしに行く、というスタンスで行かないとがっかりしてしまう方も多いと思います。しかし病院によっては、後日撮り直しをしてくれたり、二回目以降安くなったりというところもありますので事前に確認することをお勧めします。

 

さいごに

日々大きくなっていくお腹の中で、赤ちゃんがどんな動きや表情をしているのか、

とても気になりますよね。4Dエコーを使ってそれを垣間見れたとき、より深い愛情と実感が湧いてくると思います。

旦那さんや家族が同伴できる病院も多いので、可能ならばぜひ一緒に足を運び、その貴重な一瞬を共有してみてください。素敵な妊婦ライフが送れますように。

●おススメ関連記事

・妻の妊娠中に旦那が知っておきたい11の妊婦サポート術

・妊娠に気が付く前にやってしまった不安な7つのこと!飲酒やタバコ、薬は大丈夫?

・妊娠したらすぐに取り組みたい7つのこと、妊娠線のケアも抜かりなく!

・妊娠検査薬の正しい妊娠チェック法・判定法!排卵日の何日目以降に検査すべき?

・妊娠初期のつらいつわりの症状と原因・期間、5つの軽減策まとめ

・妊婦が妊娠中に積極的に食べるべき6つの栄養素を含んだ食材まとめ

>>妊娠中に妊婦が食べてはいけない4つの食べ物まとめ!カフェインや魚も注意

>>休中暇で仕方ない妊婦さんへ!有効的な5つの時間の過ごし方

>>妊娠初期になりやすい咳ぜんそく!原因と対処法

>>「でべそ」になる妊娠後期!気になるおへそのケア~やっていいこと悪いこと~

>>孤独を感じている妊婦へ~プレママ友はいなくても問題なし!な理由~

>>里帰り出産する妊婦へ!里帰り前に注意すべき5つのポイント

>>妊娠線クリームってどれを選べばいいの?自分に合った選び方

>>コーヒー好き妊婦の救世主!スタバ徹底活用法

>>妊婦に葉酸サプリは本当に必要なのか?効果や飲む時期、デメリットは?

>>4Dエコーの実際のところ~撮りに行くメリットとデメリット

>>埼玉県で休日に4Dエコー(超音波検査)が撮れる医院まとめ

>>都内で休日に4Dエコー(超音波検査)が撮れる病院まとめ

 

>>ホームへ

Pocket